2006年07月04日

いろんな道

今日の中田引退のニュースは結構響きましたね。代表引退なのかな、って思ったらサッカーそのもの引退とはびっくり。運動音痴だから、選手のメンタルなところってわかりづらいけれど、これまでの報道や、中田のコメントを見ていて、わかりあえるかもしれない、って思うことがあります。

学生ってやつを、僕は人よりちょっと長くやりました(最後は中退)けれど、その後、就職をして、だいたい1,2年経った頃かな?、知り合いの女の子達が、第1次結婚ラッシュっていうんですかね、バタバタッと結婚退職していくわけです。

それを見ながら、「なんで辞めるの?」って思うことと合わせて、あ、また一つの人生の節目ができたんだなって感じたわけですよ。これまでは「卒業」ってイベントがありまして、そのときまでなんとかやって、それから、今までの仲間と違う道に進んでいく。そういう節目というか、分かれ道っていうんですかね、そういうものが、これまではあったんだなぁ、と思いつつ、更に言えば、自分は男だから、まぁ一般的に、定年と呼ばれるところくらいまでは、ずっと卒業はないんだなぁ、と感じたわけです。

単位を取らなきゃ卒業もできないわけだけど、まぁそれでも、普通に暮らしていれば、「時間が来れば卒業」なわけですよ。つまり、だいたい仲間と同じように進んで、同じように分かれ道にたどり着く。時間の流れは絶対的で、逆らうこともできず、ある意味、「卒業」ってのは人に決められたレールの上の分かれ道、なわけです。

でもね、そこから、また考えが進化しまして、いろんな意味で、自発的に分かれ道を意識する、というか、節目を作るといいますか、転職のきっかけってやつかもしれませんが、「卒業」ではない、人生の転機ってのを作り出すことができるわけですね。

そのときの感情って、今の中田が思っているようなことだと思うんだよね。たぶんね、続けようと思えば、プライドがどうのってことじゃなくて、体力的にもなんとかね、できないわけではないと思うんだ。だけども、転機を作り出して、新しい人生の道に進みたい、っていう気持ちが大きくなった、ということだと思うんです。

まとまらないけれど、こういうときの気持ち、違う道へ進もうという決心をした自分、結構ワクワクしていて、そして不安で、いろんな人の意見が気になって、でも自分のやりたいこともおぼろげながらに分かっていて、そういう気持ち。僕も、1回この状態になったけれど、それに負けてニートになっちゃってる奴の気持ちもわからないでもないし、結構ニートと新しい人生を歩みだす人とは紙一重なんだと思うんだよね。

いい道を選んで、せっかく有名人なのだから、それを活用するような、あるいは、別な道でまた大成できるような、いい人生を歩んでいただきたいと願っています。



dmatsu2005 at 16:06コメント(0)トラックバック(0) 
ニュース 

2006年07月03日

livedoorのトップページデザインが変わった

livedoorのトップページデザインが大きく変わりましたね。これまでのYahoo!そっくり路線からの変更なんでしょうか。これが、新体制の「見える」初仕事って気もするけれど、そのトップページにホリエモンの画像が出ているところが、またlivedoor=ホリエモンという構図からは脱出できていないんだなと感じるところしきり。

個人的にはlivedoorって無料アクセスプロバイダーとしてスタートした、というイメージからポータルサイトに移行したっていうイメージになったのがホリエモンのマスコミ露出が増えてから。

オン・ザ・エッヂ(livedoorの前身というか、ホリエモンが起業した会社)のデータホテルとか中心に営業していた頃は、自社での技術囲い込みを謳っていて、外注中心で仕事をしていた自分には、羨ましいと思っていた、いい会社でした。

ライブドア買収の辺りから、方向性が変わりましたね。「買収」って行為自体は全然否定しないし、「時間を買うこと」だと思ってるから、それはそれでいいのだけど、オン・ザ・エッヂが「自社技術囲い込み」っていう戦略だったから、時間はかかるけれど、自分たちで社員教育して自前で大きくなるっていう経営理念なんだろうな、と勝手に想像していたので、残念だなって気持ちになりました。

自社での技術拡大を望んでいたけれど、思うようにいかず、時間を買うほうに流れてしまったということなんだろうな、と。踏ん張らなければならない部分と、一気に時間を買う方法と、バランスが取れればいいのだろうけれど、IT業界は未成熟で、買収されるほうの対抗策ではないのだけれど、結果的に1年以内に技術者がどんどん辞めてしまう、といったクラウンジュエルのような状況に陥りやすく、さらに日本だと、技術が会社に残らず個人に付いていってしまうという感覚があります。

これは、M&Aということが一般的に起こりうる状況だというアメリカ企業が、開発などのドキュメントをしっかりと作っていくプロジェクトマネジメントを推進していることに対して、チームワーキングや個人プレーでのプロジェクト推進が多い日本企業だと、辞める担当者が引継書は残しても、技術レベルは残らないということになるんでしょうね。引継書の質にも依るんだろうけれど、逆にドキュメントをいちいち作っていると、仕事がはかどらない、っていう日本的仕事のすすめ方ってのもあって、職人気質のIT技術者が多ければ多いほど、M&Aという手法がIT業界では、実は向いていないという、本当のこと、を経営者レベルで理解できていなかったのかもしれません。



dmatsu2005 at 17:39コメント(0)トラックバック(0) 
コンピュータ 

2006年06月30日

ブログ再開

一年近くも未更新だったのが情けない。でも、ブログの力を信じて、再開してみたくなった。仕事にどこまでブログが使えるのか、ちょっと試してみたい気持ちでいっぱい。



dmatsu2005 at 13:31コメント(0)トラックバック(0) 
雑談 

2005年07月14日

またずっと書くのを忘れていた

単純に書き忘れていたというか、ブログまで頭が
回らなかったというか、情けない話。
 
今日からまた頑張ってつけていくぞ!
というわけで。
 
ちなみに昨日、携帯電話新しくしました。
これまでP900iだったけれど、P901iへ。
みんな使っている機種だったので、いろいろ
意見を聞くけれども、非常に壊れやすい機種でしたね。
みんな、同じ症状になっていくみたい。
\泙蠅燭燭澤搬咾任垢、開けたり閉めたりを繰り返すと
 いきなり電源が落ちる。
▲丱奪謄蝓爾1年持たない。
ノイズが入りまくるようになる。
 
でも、使い方が変わると非常に面倒なので、
結局後継機を買ってしまった・・・。
今度はどうなのだろうか。
Felica搭載機もあこがれたけど、ちょっとまだ保留です。


dmatsu2005 at 17:29コメント(0)トラックバック(0) 
雑談 

2005年05月25日

靖国問題

 いろいろな立場があると思いますが、靖国関連のニュースには、結局のところ、マスコミ側も立場を鮮明にしたくないのかな、と思える曖昧な感じがありますね。
 そりゃー、朝日新聞の立場はわかりやすいというか、中国よりなのはいつものことですけれども、僕からしたら小泉首相の発言はそれほど間違ってもいないと思うんです。どっちかといえば、中国側の偉い立場の人のほうが、国内世論(っていっても自分たちで火をつけてるとも言われてますが)が怖いんでしょうね。韓国もそうだけど、「弱腰と思われたくない」、ってのが、外交上の難しいところなんでしょうね。
 そういう意味では「弱腰ではない」ところを具現化した小泉首相は偉いと思いますよ。外交下手だという意見もある中、イラクにも自衛隊を出したわけだし、「弱腰ではない」日本を演じていますよね。
 アメリカの言いなりだ、という話もよく聞く話です。ま、それも結果的にはそういうことなんでしょうけど、チキンレースもやらざるを得ない「外交」ってのは、本当に難しいのでしょうね。
 中国の経済発展を望む日本経済界と、当然、中国首脳陣は、政寒経熱ともいうべき状況を打破し、政治の上でも日中関係が良くなることを思っているだろうし(中国側としては、もちろん、対等な関係よりも中国有利な関係に持って行きたいし、日本経済界側では、日本有利な関係のほうがより望ましいとは思うけど)、はっきり言って、小泉首相が靖国に行こうが行くまいが大した問題ではなく、よっぽど経済の発展のための両国施策を実現したいはずなんだけど、一度抜いてしまった刀はひっこめられないっていう状況なんでしょうね。
 なんとなく、慣用句を使ってしまうけど、今回ニュースを見ていたら、小泉首相が東条英機が奉られているのが問題にしているのか、なんて話をしながら、孔叢子の言葉「罪を憎んで人を憎まず」を使っていましたが、「肉を切らせて骨を断つ」って言葉もあるんだよ、ってことを言いたくもなりますね。非戦の誓いは別に靖国じゃなくてもできるしね。よほど、国連で誓ったほうが、常任理事国入りのためのプラス材料になりそうだけど。
 最初に書いたところに戻りますが、マスコミの立場ってのも、これまで靖国に行かない首相が多かったわけで、それが外圧に負けていることを知っているし、外圧に負けてどうのこうの…っていうマスコミがしょっちゅう訴えているような話と矛盾しちゃうんだろうね。BSE関連で牛肉輸入問題をアメリカからの要求では外圧に負ける、と騒いで、一方、靖国問題で中国からの要求では、折れろといいたそうで、大変ですね。どっちの方が問題だっていえば、絶対に牛肉輸入問題のほうが、国民の健康を守るためで重要なテーマだし、もっともっとしつこく騒ぐべきだと思うんだけどなぁ。
 物事の優先順序が間違ってんじゃないの?ってマスコミに言いたい。


dmatsu2005 at 00:41コメント(0)トラックバック(0) 
ニュース 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍