2013年02月18日

CSIマイアミ終わる

よくドラマ見てる時間あるねって言われますけれども、好きなんですよね、ドラマ。
海外ドラマにハマることもあるわけでして、昔でいえばナイトライダーとかツインピークスなんかも大好きだったりしてまして、毎週の放送をビデオに撮って、何度も繰り返してみたりしてました。
そういえば、その頃は感想をPC-VANとかに書いていたりもしたかもw(NIFTYじゃないところがポイント)



そういえば、昨年はナイトライダーネクストってのがフジテレビの深夜にやっていました。嬉しくって観てたのですが、悲しいことにナイトライダーそのものの話が通じる人が少ない・・・。僕にとってはナイト2000とか、バックトゥザフューチャーのデロリアンとか、あぁいう車が憧れの車だったりするので、ちょっとショックだったんですが、みんな観てないんだよなぁ、ナイトライダー。



いつものごろく脱線してしまったけれども、海外ドラマで、ここのところ、ずっとはまっているのがCSIのシリーズ。CSIには本家であるラスベガスとマイアミとニューヨークのシリーズがあって、正直ドラマとして一番好きなのはラスベガスなんだけども、CSI:マイアミの主人公ホレイショには惚れ込んでしまっていて、ドラクエ10の自分のキャラクターの名前には「ホレイショ」って付けたくらい。ちなみにサブキャラにはCSI(ラスベガス)の「ウォリック」の名前を付けた。

CSIを見ていると、科学捜査が非常に進んでいて、そこまでまだPCの技術は進んでないよって思うこともあるけれど(DNAの検査スピードが異常に早いのも気になるけど)、日本の刑事ものドラマをうっかり見てしまうと、あまりに科学捜査がお粗末でがっかりしちゃうようになる。それくらいCSIの科学捜査シーンは面白いんだよなぁ。
検屍官」っていうパトリシア・コーンウェルの小説があって、それを読んでたときも思っていたけれど、科学捜査は憧れの職業なのかもしれないなぁ。細かい証拠を積み上げるとか、僕には無理だけど。

CSI:マイアミは科学捜査の面白さに加えて、カーチェイスや爆破シーン、銃撃戦といった西部警察的要素も入っていて、スカッとする面白さがあったんですね。そして主人公ホレイショの強烈な正義感が非常に良かったと思うのですが、まぁシーズン10を迎えて、視聴率も落ちてきて、そして続編の制作がキャンセルされてしまったということで本日WOWOWで最終回が放映されました。正直、この最終回では納得できないので、とても残念ですね。日本だったら映画で続編作って完結させるんでしょうが、アメリカだとあんまりそういうことはないですもんね。ツインピークスくらいか。「ローラ・パーマー最後の7日間」なんて元々のドラマ見てないひとだと全然わからないだろうけど、映画にしちゃったんだもんなー。すごいよな。

ちょっと喪失感が大きくて、悲しいのだけども、まだ他にも観たいドラマはたくさんあるので、前に進まないと!
コールドケースのファイナルシーズンの放送もはじまるようだし、リリー(キャスリン・モリス)の美しい姿が見られなくなるのもつらいのだけど、早く観たい気持ちもあって、いろいろ複雑なのです。


dmatsu2005 at 02:12コメント(0)トラックバック(0) 
テレビ 

2013年02月15日

ブログ復活します

あぁもう一年近くブログ書いていないんだな、と反省しきり。
本当は何度か、書こうと思うタイミングがあったりしてたり、実は、ここのブログの下書きにいくつか記事が入っていますが、全て流してきてしまっていました。まとまった文章を書く気力が無かったんだなぁと。

しばらくはリハビリ程度の更新ですが、少々内容をプログラムといった技術方向に寄せて、書いていこうと思います。そんなわけで読んでもちっともわからないと言われるのが落ちかもしれませんが申し訳ありません。


dmatsu2005 at 21:24コメント(1)トラックバック(0) 
雑談 

2012年03月06日

最近気になる飲み物たち

今日、セブンイレブンで「CHOYA ノンアルコールウメッシュ」を見つけたので買ってみました。

ノンアルコールウメッシュ

買う前から分かっていたことですが、これは「梅ソーダ」だよね。そして、やっぱり、飲んでみて確信しました。「梅ソーダ」であることを。パッケージングで、ターゲットや商品特性を変えた例かもしれないけれど、「梅ソーダ」です、はい。まずくはないですし、嫌いでもないですけど、自分がもう一度買うことはありません。

KIRINの「キリンフリー」登場以来、いろいろとノンアルコールものを試しています。最初は「こんなもの飲めるかっ」とかイキがっていたのですが、案外、ノンアルコールビールでも、そこそこ満足できる自分を発見してしまったわけでして。(でも、ちなみに発泡酒は未だに苦手です。)

ノンアルコールビールに共通するのは「炭酸トマトジュース」のような風味。新発売のアサヒ「ドライゼロ」なんかも、「炭酸トマト」味が強いですね。まぁ、これが苦手な人は苦手なんだろうな、と思うわけですが。
僕としては、人気が低いので残念なのですが、以前にもブログに書きましたがアサヒ「ダブル・ゼロ」が好きです。

ドイツ産のノンアルコールビールも結構好きで、いろいろ試しておりますが、プロシュテルが好きかなぁ、安いし。Amazonリンクを貼っておきます。



ノンアルコールではないけれど、コストコで安いビールも買って飲んでます。
「オランディア(HOLLANDIA)」

発泡酒は苦手ですが、第3ビールではなんとか、トップバリューBARREALの糖質50%OFFが飲める感じ。

なんか、ジュースより安いビールと、ジュースより高いノンアルコールビールの話をしていて訳分かりませんが、とりあえず、コストパフォーマンスが高いオススメは次の通り。

ビール:コストコで売ってるHOLLANDIA
第3ビール:トップバリューBARREALの糖質50%OFF
ノンアルコールビール:プロシュテル ピュアアンドフリー ノンアルコール

あ、ちなみにジュースとしては、PEPSI NEXばかり飲んでます。
コカコーラとペプシだとコカコーラ派なのですが、カロリーゼロだとペプシの方が旨いと思うのです。

dmatsu2005 at 01:45コメント(1)トラックバック(0) 
飲食 | ワイン、酒

2012年02月27日

ガラスの仮面48巻

Facebookで「ガラスの仮面48巻を買った」と書き込んだら、昔の同僚に「意外だ」と言われてしまいました。そうかなぁ、僕はマンガはどんなジャンルでも読むタイプなのですが。(マンガを読むことそのものが意外なのか)

前巻までのマヤ&マスミンのラブラブモードは一旦落ち着かせておいて、亜弓メインの巻です。そして連載よりも踏み込んだ形での亜弓&ハミルの恋愛モードスタートが描かれていたりするので、重要なポイントですね。昔の連載では、この恋愛モードから亜弓の中の阿古夜が覚醒するという話になったようですから、よく見守っていきたいと思います。(キーワードは「湖畔」)
で、シオリンのリストカット事件が起きて、マスミンがシオリンの家に毎日通うという羽目になるわけです。連載では鷹宮総裁がマスミンに頭を下げるという話になっていたような気がしましたが、そういうシーンは単行本ではカットされ、英介がキレて、水城さんが板挟みになってかわいそう、という状況です。そろそろ聖さんの出番じゃないかな?と思ってますが。

ここから先は、本当に個人的な想いなので、どうでもいいかもしれませんが、亜弓には紅天女なんか放っておいて早く手術を受けて欲しいです。あるいは、それこそ、なんとか試演を引き延ばすとか、小野寺のおっさんが権力を使うときはまさに今しかないはずなのに…。相手の足を引っ張ることしかしてないから、こういうときに権力を使うことを忘れちゃうんだよなぁ、ホントに。
マヤ&マスミンが勝手にくっつくのは、もうどうでもいいので、亜弓さんの女優人生が失明によって閉ざされるなんてあほらしいことが起きないように、撤退する勇気も必要だってことを誰か教えてやってくれ・・・。


dmatsu2005 at 01:11コメント(0)トラックバック(0) 
マンガ 

2012年01月01日

「壬辰(みずのえたつ)」の意味

2012年、あけましておめでとうございます。

昨年の日本は、東日本大震災という大変大きな災害を体験し、未だその復旧・復興に追われています。加えて、この震災によって発生した津波によって引き起こされた原発のメルトダウン事故は、復旧の目処すら見えてこない状況のままです。そして、今回の震災によってハッキリとしたことは、この国の政府は残念ながら危機対応能力に欠け、また、希望的観測を一方的に伝える真実味を感じさせない大本営発表だけで、「現実から目をそらし、ただ今が過ぎればいい」という人たちばかりで構成されていることが分かりました。だからといって、ただ悲観的になるのではなくて、政治を単に傍観しているのではなくて、積極的に関わっていかなければならないと感じた一年でした。
それは、別に僕が政治家を目指すとか、政治運動をやっていくというわけではなくて、政治的なスタンスを明確にして、自分自身の意見を曖昧にしておくべきではない、という認識です。

現時点での僕の意見は
  • いくらなんでも現政権を維持してはいけない。現状の政策が自分の意見とマッチしていようとも、いくらなんでも民主党が政権を取ったときの公約と正反対な政策ばかり。すみやかに衆議院は解散し、再度国民の信託を受けるべきである。これは「予算の成立が先」とか、そういう言い訳を許すべきではない。どちらにせよ、国債を発行しまくって工夫もなくただ歳出の増えている予算なんて誰にでもできるので、官僚に暫定的にやらせておけばいい。
  • 財政の立て直しを急務にすべき。それは消費税率アップという次元ではなくて、増税と歳出カットを同時に行うことで、どの程度生活に支障が出るか、国民全体が痛みを感じられるだけの極端さも必要だと感じている。その中でハングリーな精神を持つ人間が生まれ出て、社会を引っ張り上げることを期待すべきで、法規制などの撤廃をすすめ、無駄な政府による干渉を無くさせる。
  • 個別政策になるのかもしれないが、原発から漏れ出た放射能は、福島の人には申し訳ないが、原発周辺に数十年間封じ込める法整備が必要だ。地方公共団体は瓦礫を受け入れる宣言をしている場合ではなく、私有地を接収する代わりに代替地を別に用意する宣言をした方が良い。

です。


さて、本題は今年は「壬辰(みずのえたつ)」の年ということ。昨年は「辛卯(かのとう)」という年で、SBIの北尾さんが新年のブログで地震に注意と書いて予言したということが話題になったりもしましたね。


僕も卯年でしたので、新年の抱負を書いてみましたが、目標が達成できない厳しい年でありました。

今年も早速引いたおみくじが「凶」だし。生まれて初めて引きました。早速不安な幕開けですが、毎年の恒例行事のごとく、「大吉」が引けるまで初詣神社巡りを開始します。


おみくじ凶


どんどん、話がずれてしまう。


まず「壬」は十干において「妊む」に通じていて「植物の内部に種子ができた状態」です。そして「辰」は十二支で「草木の形が整った状態」です。

ここからどう読み取るかという話ですが、女性が妊娠したけどまだ気づいていない状態、と捉えることにしました。今年はいろいろなことにチャレンジしておくことで将来に芽吹く種を作れると考えて、新規事業や新しい取組みを中心に頑張ってみたいと思います。


今まで苦手だと思っていたこととか、ずっとやりたかったけど手が出せていなかったことなど、いろいろ思い当たるものはあるわけで、なるべく楽しんで仕事が出来る一年にしたいですね。


もっとも、今年の抱負は「睡眠時間を多く取る」にしました。身体壊すと元も子も無いので、「ちゃんと寝る」を目標にします(笑)



dmatsu2005 at 13:36コメント(0)トラックバック(0) 
雑談 | ニュース
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍