2008年06月

2008年06月29日

雨の中のBBQ

今日は@あきらさんの家でBBQを行う、という話をすっかり忘れておりまして、昼間にメールをいただいていて初めて思い出しました。

そんなわけで、BBQへ出陣。

焼き始め


雨が降っていますが、ちゃきちゃきと準備を進めていきまして、BBQができる感じになりました。

今日のメニューは単なる焼肉ではなくて、トルティーヤを食べる模様。自分でこねた粉を広げて焼き、その上にひき肉のタコ風味とサルサソースを載せていただくスタイル。

なかなか、トルティーヤなんて自分で作らないけれど、本当においしい。ありがとうございます>じゅんクン

このほかにも

自作の燻製機

燻製機(自作だそうです)で、チーズやホタテをスモークしたり、燻製チップを使ってダッチオーブンでホッケをスモークしたものもあったりして、それらがまた非常に美味です。

最後は、お店の中で幻のコーヒー「コピルアック」をいただいて帰りました。

コピルアック

今日もまた、美味しいものをいただけて、幸せな日でした。もっとも、自分の予定はうまくいかず、ボロボロなんですが・・・。今日も徹夜かなぁ・・・。とりあえず、雨に濡れまくったので、お風呂に入ろうと思います。


dmatsu2005 at 23:50コメント(0)トラックバック(1) 
イベント | 飲食

2008年06月28日

Mangia 2晩目

昨夜は改めてMoto Mangiaでお食事をしてきました。

結構いろいろ食べたので、ひとまずメモ代わりに。
  1. きのこと鶏肉のパルメジャーノチーズサラダ
  2. 瀬戸内産・焼きガキ
  3. ジェノバ風スパゲッティ
  4. ゴルゴンゾーラのペンネ
  5. マグロのカルパッチョ風サラダ仕立て
  6. 鶏肉の塩焼き
  7. 小アジのオイル漬け+パン
  8. バニラアイスとチーズムースのアフォガート
お酒も珍しいものを含めていろいろ、いただきました。
  1. 生ビール
  2. ジントニック
  3. チンザノ オランチョ
  4. Raki (ラク; トルコの地酒)
  5. ピンガ (ブラジルのお酒、ラムっぽい)
いやー本当においしかった。
そういえば、真っ当なイタリアンを食べたのは久しぶり。

来週も用事が出来たので、伺うつもりです。


dmatsu2005 at 09:13コメント(3)トラックバック(1) 
飲食 

2008年06月27日

めげない くじけない あきらめない

以前、自分に課していたキーワードが「めげない くじけない あきらめない」でした。何で、そんなことを言い始めたかといえば、今日、その言葉を使う時があったから、ふと思い出してしまいました。

国語辞典(Yahoo! 辞書; 大辞泉)で調べてみました。

「めげる」・・・気力が失われる。負ける。ひるむ。
「くじける」・・・勢いや意欲がそがれる。
「あきらめる」・・・もう希望や見込みがないと思ってやめる。断念する。

その反対ですから、

めげない」・・・気力を失わず、負けず、ひるまず、
くじけない」・・・勢いや意欲を失わず、
あきらめない」・・・希望や見込みがあると思って進め、断念しない。

ということでしょうか。

微妙なニュアンスで、違いが見出すのが難しいですけれども、自分の中では、

めげない
様々なトラブルや事件、降ってわいた災難のようなことが起こることがありますが、その都度、一喜一憂するようなことはやめて、どんと構えていないといけない

くじけない
上記の「めげない」の説明のようなことが起こることが継続しているときに、その場・その時で発生するよりも、後から一気に感情が侵されるような場合に、心を強く持たなければならない

あきらめない
自分の夢や目標が叶わないと思うのではなく、常にポジティブに考えて、必ず夢は叶い、目標は達成する、と考える、さらに言えば、「夢は叶わせる」ために見て、「目標は達成させる」ために置いている、というような強い気持ちを持たなければならない

というような戒めをもって、日々生きていく、という内容であると認識しています。

先日、沼田青年会議所様の講演会に出席させていただく機会をいただきまして、喜田寛先生の「話す力で夢は叶う」を拝聴させていただきました。スピーチトレーニングの一環だったようですが、僕としては日々の生き方に関わる啓発的な講演だったとの感想をもっております。

「感謝の気持ちを忘れない」
「初心を忘れない」
「仲良くなるために、相手の目を見て、挨拶する」

とっても当たり前のことですが、改めて反省することしきり。天狗になりかけている自分を戒めていただく、とてもいい機会になりました。誘っていただいて本当にありがとうございます。>のぶ山さん
一緒に行った同僚と、しっかりと今回の講演内容を伝えて、会社の改善活動につなげていかなければならないね、という話をしながら帰り道の車の中で相談し、さっそく報告書を全員にメールさせていただいています。

話が飛んでしまったかも知れませんけれど、実はこの講演の中でも「こうなりたいと強く念い(おもい)続ければ、必ずそのとおりになる」といった話に触れられていました。

あきらめない」というキーワードにもつながるのですが、実は講演を聞いていた時にはつながらず、今日、「めげない くじけない あきらめない」という話をしているときに、脳内のシナプスがバチバチッとつながる感じがしました。

そんなわけで、改めて自分のキーワードとして、この「めげない くじけない あきらめない」を設定して、仕事に臨んでいこうと思います。



dmatsu2005 at 20:44コメント(1)トラックバック(0) 
雑談 | お仕事

2008年06月26日

うーん

昼間寝ているからイケないんだ、と言われれば、それまでなんですが、どうしてもひと言だけ言いたいから書いちゃう。

頼むから、自宅の横の道に隠れて、取り締まりをやるのはやめてくれ>白バイ。結構な頻度で捕まえるようでして、パオーってサイレンの音がいい頻度で鳴るわけです。こちとら、自宅で寝ているのに。うるさい。毎日とは言わないけれど、週に2〜3日は見かけるわけでして、先日、ふと、白バイの隠れている交差点を見てみると、2台も白バイがいるので、頭にきて、写真撮っちゃった。

一時停止違反、Uターン禁止違反、一方通行違反、シートベルト着用違反などなど、細かい違反をここで取り締まっているようで、違反が多いところだってのはわかるんですけれどね。違反が多いところだからこそ、隠れて捕まえるんじゃなくてさ、見やすい標識にするとか、道路に標識を書くとか、交通違反防止に力を注いでほしいんだよね。隠れているんじゃなくて、堂々と表に出ろ、って感じです。ここに住み始めて3年経つけれど、ずっとやってるんじゃん。捕まえるだけじゃ、違反は減らないのは明らかなんじゃないの?

それとも、違反を誘発して捕まえることを優先しているのでしょうか?
白バイ


dmatsu2005 at 07:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月25日

Mangia

昨日の夜、友人に誘われ、イタリア料理店に行ってきました。

Cafe Bar Moto Mangia

店外観



店名の変更も今後予定しているそうでして、いまのところの名前は、モト・マンジャです。これまで、一見さんお断りのお店だったみたいなのですが、マスターはどんどん集客したいという方向転換を行うそうでして、ブログに書いてもいいよってなことで、本日ブログに掲載。

場所は、といいますと・・・


大きな地図で見る

知る人ぞ知る、マンジャーレのマスターが出したお店。これまで、諸処の事情により隠れて営業していたわけですが、昔のマンジャーレを知る人ならば、一度は行ってみたくなるでしょう。
僕は大のチーズ好きなので、昨日は「ズッキーニ・ベーコン・アスパラ・パルメジャーノチーズのサラダ」と「ゴルゴンゾーラのスパゲッティ」をいただいてまいりましたが、旬の食材を使ったお勧め料理が店内のボードに書いてあります。

大人数は入りきりませんが、カウンターでマスターと相談しながら、料理を作ってもらうスタイルです。

おいしいイタリア料理が食べたいと思ったら、ぜひ、一度、ご賞味くださいませ。ちなみに、定休日は日曜日。営業時間は19時頃からでは?と思われます。行く前に、電話を一本入れるといいかも(027-260-8737)、です。

看板


dmatsu2005 at 08:42コメント(9)トラックバック(2) 
飲食 

2008年06月24日

google Apps

livedoorがドメイン名700円/年のキャンペーンを7/7までやっているというニュースを読みまして、さっそく申し込んでみました。
ドメイン名はこの際、なんでもいいので(笑)、Google Appsを使ってみたくて、さくさくっと取ってみました。(で、取ったドメイン名は内緒)

あれやこれやと設定しているものの、ようわからん!!
トップページの設定を行っているのに、反映しない気もするし。

googleについて全般的に思うのだけれども、ヘルプ関連がいま一つわかりにくいのですよね。そのうちにインターフェースが直観的になっていくという歴史があるので、それを期待していますが、最初のうちって操作性がいいとは思えないんだよね。早くヘルプ読まなくても大丈夫なくらい洗練されたインターフェースになることを祈ります。


dmatsu2005 at 16:11コメント(0)トラックバック(0) 
コンピュータ 

2008年06月19日

Intel D945GCLF が届きました

先日の記事で書いたintel D945GCLFがいきなり本日届きました。注文した時は、「納期:2〜3週間」って書いてあったのだけれども、昨日の夜、「発送しましたメール」が届き、午前中にはヤマト運輸が持ってきてくれました。
早く届けてくれてありがとう!と思う反面、忙しいのに遊んじゃうじゃないか!と思ったりもして複雑な気持ち。でも、動かしてみたくして仕方ない今日この頃。

しかぁし、残念ながら、miniITXのケースなんて持ってないし、友人にお願いしてみたものの、電源が足りない(4pinが無いandS-ATA電源が無い)ので、本日のところはいったんアキラメ。というのも、夜には予定が入っているので、今日は触りきれないのです。3,980円で電源売っていたので、それを買ってきて裸で動かそうとしているところも、友人に止められました。金曜日には秋葉原に行けるので、その際miniITXのケースを買って来いと。おっしゃるとおり、あなたが正しい。無駄遣いしそうなのを止めていただきましてありがとうございます。

とりあえず、メモリ(DDR2 2GB)とHDD(2.5inch S-ATA 250GB)だけ買ってしまいました。それを眺めるだけしかない・・・。そんなわけで、まだまだ動かせないD945GCLFです。普通、DOS/V系のブログだったら、動かしてみました、とかが記事になるのに、いまだに動かせません、とかいうブログは珍しいだろう、という謎のブログです。すいません。

そうそう、先日の記事では、AtomとCore2、Pentium、Celeronがどのような未来になるのか、という話を書いたつもりですが、ちょうど、その後、PC Watchの後藤弘茂のWeekly海外ニュースに「Nettop/Netbookを超えた先にあるAtomプロセッサの可能性」という記事が掲載されていましたので、是非ご参考まで。
intelの気持ち、あくまでAtomは、これまでのDesktop CPU群とは異なるコンセプトのCPUだよ、っていうのは、理解はできる。だけれども、お客様視点で、それは理解できないのではないか、と。

僕は、出荷量を制限する、とかそういう戦略には出ないで、Celeronの価格を劇的に変化させる、とか、Atomを組み込み用途でもっとアピールする戦略にするとか、intelの気持ちをストレートに出すべきだと思う。出荷量調整のような大人の戦略で進むと、僕たちみたいな馬鹿な消費者は、Atomをありがたがって、こんなこともできちゃうよ、とかアピールしちゃう。安物なんだから、ここまでしかできないけれど我慢しろ、ってもっと強気になってほしいな。だって、みんなC7でコンシューマーPCを作ろうとはしていないじゃないですか。あくまで特殊用途。それで市場を席捲してほしいと思うのです。



dmatsu2005 at 01:36コメント(0)トラックバック(0) 
コンピュータ 

2008年06月18日

Firefox 3 ダウンロード

Firefox3 が正式リリースされまして、24時間以内のダウンロード数の世界記録挑戦中ということもあって、早速ダウンロードしました。
実は9時くらいからずっとチャレンジしていたのですが、mozilla.jpがつながらない…。困ったもんだ、と思っていましたが、先ほど運良くつながりまして、ダウンロード完了!そしてインストール!

そんなわけで、この記事はFirefox3で書いています。インストールしてみたよっていう記事やBlogには、「速い」って書いてありましたが、本当にそれはわかります。まじで「速い!!!」
Firefox2までは、JavaScriptバリバリのページだったりすると、結構表示がもたつきましたが、それがなく、気持ちよくページが表示されます。あとはプラグインたちがしっかり付いてきてくれれば、何も言うことはありません。

とりあえず、googleツールバーとfirebugを入れねば・・・。何はともあれ・・・。
使いづらい・・・。


dmatsu2005 at 10:59コメント(0)トラックバック(0) 
コンピュータ 

2008年06月15日

Intel D945GCLF

intel D945GCLF が発売され、そして売り切れ続出がニュースになっています。欲しかったので、通販で注文したものの、残念ながらお届けは2〜3週間後と、かなり先になってしまいました。とりあえず、今は忙しいので、それでもまぁいっか、という気持ちでもありますが。

注目すべきはintel 新CPU Atom(コードネーム:Daimondville)が使えるところですよね。価格はCPUとM/Bで合わせて、というか、セット販売だけど、1万円前後と言われていますが、まぁ低性能なPCでは普通のお値段かな?って気もします。これがベアボーンで1万円くらいで市販されると嬉しいけど。
個人的にはノーファンのPCが欲しかったので、これは945GCにクーラーが付いているので、残念ながらノーファンではないのですが、サードパーティ製が出てくれば、ノーファンモデルも出てくるだろうと信じてます。それならば、ノーファンモデルが出てから買えばいいじゃんって話なんですが、気がついた時には既に注文ボタンを押していたので

世の中のエコの流れで、TDPを減らす方向性っていうのをintelが進めているのは当然なことですが、僕の個人的な気持ちは、intelには、そんなの無視してバリバリの高性能チップというものを世に出してほしいという願いがあったりもします。(Pentium Dみたいな奴はいらんけど…)
それでも、intelがこの分野に製品投入してくれるということは、メジャーな分野として認知が広がり、様々な製品群が増えてくるわけで、歓迎すべきことだとも認識しておりまして、後々楽しみな世界です。

どちらにせよ、製品が手元にないから、妄想を語るしかないのですけれど、一般PCとしての使い方、つまり、IE、Word、Excel、Acrobat Reader、iTunes、Media Playerってのが、どのくらい支障なく使えるのかな?ってのが知りたい。特にVista Basicに対応していることもあって、XPが終わろうとしている今、Vsitaでどこまで使えるか、ってのも興味があるところです。
C7のマシンでもそこそこ使えるので、それよりはパフォーマンスがいいみたいですから(下記、記事IT Pro参照)、本当に楽しみですね。

本来、Celeronの役割だった低価格PC、特にビジネスシーンでの大量購入なんかの場合のPC、そういうものにAtomが置き換わるのだろうか?だいたい、Celeronがどこに向かっていくのかさっぱり分からん。(Pentiumもだけど)
DualcoreとHyperThreadの違いで押していくのかなぁ。技術的にはそうなのだろうけれども、ユーザーベースでは、「性能は低いが消費電力が低いAtom」と「性能が高いが消費電力の高いCore2」といった指標、つまり価格に対応する尺度として「性能」と「消費電力」がトレードオフの対象となるんじゃないだろうか?もちろん、「性能は高いし、消費電力も低い」というコンセプトの製品が素晴らしいわけで、Pentium Dに対するCore 2というセグメントはわかりやすいコンセプトだったと思う。
時代の流れで「Celeron<Pentium」というブランドが「Atom<Core2」というブランドになっていくのだろうな、と勝手な未来予測をしています。

話題が飛びまくってしまうほど、書きたいことは他にもあるけれど、今日のところはここまで。続きは実物が届いてから(2〜3週間後か)。

【今回、参照にしている記事など】


dmatsu2005 at 17:40コメント(0)トラックバック(1) 
コンピュータ 

2008年06月14日

シビック ハイブリッド

先週の土曜日、会社に行こうとして家を出たものの、車のエンジンがかからない・・・。バッテリーが上がっている・・・、という事態に遭遇しました。

1年前にもバッテリーが上がっていて、そのときも色々と見てもらったのですが、結局バッテリーそのものがダメだ、というだけで、バッテリー交換をしたのですが、また今年も上がってしまうんじゃ、何かおかしいんじゃないのか?と思いまして、HONDAに電話して、来てもらいました。

充電してもらった後、ディーラーに移動して、過去の履歴を元に調べてもらうと、結局のところ、1年前に交換したのではなく、2年前に交換したという履歴が出てきまして、そういうことだとバッテリー寿命とも考えられるので、一応、テスターつないでも異常は出てこない、ということでございまして、単なるバッテリー交換に落ち着きました。

ま、そのときに、以前から気になっているシビック・ハイブリッドに乗りたいなという話を営業にしていたら、ここには無いけれど、近くの店で試乗用にできる車があるので、来週持ってきますよ、という有難いお話をいただきまして、それで本日、シビック・ハイブリッドの試乗をしてきました。

プリウスには乗ったことがあるのですけれど、シビック・ハイブリッドの操作性はどうなんだろうかとずっと思っていまして、非常に楽しみだったのですが、これが期待以上の操作性。1300ccの車なの?って思えるほどの加速もできて、うれしくなりました。
プリウスに比べると、非常に快適な車です。でもそれは旧式のプリウスの話。最新のプリウスにも試乗に行って乗り比べてみたい気持ちがマンマンです。ハイブリッド車の性能向上は進んでいるのだろうなと思うわけです。
実際、どうなんだろうか。HONDAの営業は、ハイブリッドに対するTOYOTAとのコンセプトの違いを説明していましたけれど(HONDAはエンジンが主でモーターが補助するというコンセプト)、操作性がやっぱり違うのかなぁ。

まだ買うまではちょっと余裕がないけれど、プリウスにも試乗に行って、購入計画を立てたくなってきている自分がいます。


dmatsu2005 at 23:28コメント(3)トラックバック(2) 
雑談 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍