2008年06月

2008年06月13日

情けは人のためならず

昨晩、友人から「漠然とした将来に対する不安」といった形の相談を受けた。とはいっても、あまりに漠然としているわけではなく、今度、彼は転勤するのだが、新しい職場の顔合わせ的なミーティングにおいて「先行きが思いやられる」といった相談だった。

箇条書きすると、次のような相談である。
  • 自分がこれまでに社内で築いた人脈と、新しい職場での上司が完全に対立してしまっていて、人脈を活用することは活用するけれど、積極的な支援が受けられそうにない。
  • 上司である2人のうち、1人は頼りなく感じており、1人は空回りしている。
  • 自分の担当するべき業務のほかにも様々な仕事が振られており、プレッシャーに負けそうだ。
  • もっと上の上司が言っていることが素直に納得できず、現場のことを考えてもらえていない。
色々と話をしていくと、結局のところ、保身(自己防衛とも考えられる)のためには、自分の仕事以外には口を出さず、与えられた職務を遂行するだけに専念したいという気持ちがあるようだ。

僕が信じる仕事の進め方は、「正しいと思ったことはやり通す。」ということであり、上司がしっかりしていないならば、上司の秘書になったつもりでフォローして、操縦するべきだと。こういうことを言っていると、彼に限らず、それに見合った報酬が得られていない、という話を持ち出されることが多いです。なぜ、自分が上司の分まで仕事をしているのに、上司よりも給料が安いのか、と。
そうなると、与えられた範囲内での仕事に集中して、他のことには口を出さず、穏便に(目立たず、騒がず)過ごしたい。報酬以上の仕事はしたくない。ということになってきます。それはある意味正論なのかもしれないけれど、「考えが浅い」としか言わざるを得ません。

ちょうど、livedoorのTOPページに今日のブロガーとして、大西 宏さんのマーケティング・エッセンスが取り上げられていました。その一昨日の記事「報連相の効用」の中に、イニシアティブについての話がありました。上司とのコミュニケーションの強化で、イニシアティブを取る行動を進め、さらに言えば、「素敵にだまして」、さも自分(上司)が思いついたかのように、上司から業務指示を取りつけていく。僕は、こういった手法で自分の正しいと思った道を進んでいくことこそが、仕事をする醍醐味であろうと考えているわけです。

報酬に関しては、複数の考えを総合するべきだと思うのです。

会社は、個々の社員の過去実績や上司の評価、他者・他社との比較を総合するして報酬を決めるしかないわけで、もちろん先行投資にもなるような破格の条件を用意する場合もあるでしょうが、それはその後の業績によって見直しを図っていかなければならないことは、どちらにしても当然でしょう。
そして、安い給料でそれ以上の働きをしてくれる社員がいるからこそ、利益をより上げることができるわけで、その状態を維持したいという営利目的会社が本能的に持つ性質があります。
しかしながら、その状態を継続して維持するわけにはいかないのです。なぜなら、ポストは定年制度他の要因により空席が生じ、新たに誰かを据えなければならない状況が訪れます。そういったときには、これまで安い給料でそれ以上の働きをしてくれた社員に、そのポストを与え、報酬を増やすことになります。また、そういったポストが用意できない場合には、優秀な社員は他社に行ってしまうのが世の常です。

そこで、ポストの空席が生じたときに、安い給料でそれ以上の働きをしていることを、どうやってアピールしてきたか、ということが報酬を上げるために重要な戦略であるはずです。それは上司とのコミュニケーションを深め、「あいつに任せればうまくいく」という信頼関係の構築が不可欠であるはずです。単に、個人の実力で実績を上げているだけでは認められません。また、同時に他部署の人間との関係構築も重要です。他者から、新しいポストには、彼が最適だ、と思ってもらえなければ、その後の協力も得られません。

それは、自分に与えられた職務だけをこなす、という態度ではダメだと思うのです。存在感を示さなければならない。それはまた誤解を生んで、部下や取引先をどなってみたり、勢いだけで突っ走ってしまったり、そういう奴もいますけれど、それでは信頼関係を築くことはできない。他者が困っている部分を積極的に改善してあげること。他者の実績になることを進んで助けてあげること。そういったことで信頼関係を築かなければなりません。

情けは人のためならず、とはよく言ったもの。

相談してきた友人には、全てを伝えきれなかったかもしれません。僕もこうやってBlogに書いたりすることで、自分の考えに整理がついて、説明できるようになるわけで、もう一度、呼んで話をしてみようかな、と思っています。


dmatsu2005 at 13:40コメント(1)トラックバック(0) 
お仕事 

フラッシュ!

多くは語るまい。

見てくれ!この状況!
僕の計算によれば、13C7 / 52C7 = 0.000012826592… つまり、
約10万回に1回ちょっとの確率じゃないのか?

ありえない。こんなところで運を使ってしまった…。

ソリティアフラッシュ




dmatsu2005 at 02:57コメント(0)トラックバック(1) 
ゲーム | コンピュータ

2008年06月12日

Firefox 3

ブラウザにFirefox 使ってますか?

Firefox 3のRC2がリリースされていまして、もう少しでFirefox 3が正式にリリースされる予定です。最近、ブラウザにとても敏感になっているので、とても楽しみに考えていたのですが、どうやら、今回のFirefox 3 正式版公開から24時間でのダウンロード回数をギネスに挑戦するらしいのです。

http://www.spreadfirefox.com/ja/worldrecord/

そのための事前登録(正式版の公開日時が決まり次第メールで連絡してくれる)を上記のサイトで行っています。日本のダウンロード登録が少ないぞ!と思って、Blogで宣伝中。



dmatsu2005 at 08:32コメント(0)トラックバック(0) 
コンピュータ | イベント

2008年06月11日

もろみ酢のカクテル作り

昨日はお仕事の関係で、ひたすら「もろみ酢」を飲んでいました。

もろみ酢をつかってカクテルを作ろうという企画でして、9種類ほどの組み合わせを実験させてもらいました。でも、使えるのは3〜4種類くらいですかね。

  1. もろみ酢+ビール
  2. もろみ酢+ウィスキー
  3. もろみ酢+ジンジャーエール(ノンアルコール)
が確実にOKなところ。あとはワインとの組み合わせ、あるいは、日本酒との組み合わせ、ってところがセーフになるかな、ってところです。
もともと、泡盛のもろみからできた酢なので、あとで泡盛と合わせてみたいとも思っています。

その後はバーでちょっと飲んでいきます。すでに結構な量を飲んでいるわけですが…。

「余市」の20年物をいただきました。なんか、世界一の賞を取ったとのこと。


後味最高!


シングルモルトの強さ、そういったものが出ているいい酒です。
もう買えないらしいので、また、ヴィンテージの異なるものが発売されることを祈っています。



ところで、昨日はパンダに会いました。メイドなパンダと酒飲みパンダでした。

フリーチベットを訴えるパンダ




dmatsu2005 at 14:43コメント(0)トラックバック(0) 
ワイン、酒 | 雑談

2008年06月10日

VOLNAY 1er CRU CLOS de la Bousse d'Or 1995

昨日は、うちのネコちゃんたちの誕生日。お祝いで「金缶」をあげて、その上で、人間たちは4月末にもらったワインを開けてお祝いしました。

VOLNAY 1er CRU CLOS de la Bousse d'Or 1995
ヴォルネイ・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・ブス・ドール 1995

VOLNAY 1er CRU CLOS de la Bousse d'Or 1995


フルボディの赤ということだけは確実に言えますが、気の利いたセリフは未だワインを勉強中の私には言えません。タンニンがしっかりとしていていますが、渋みが強いわけでもなく(ある程度年数経ってますから、熟成が進んでいるといえますけれど)、美味しいワインです。
昨日は、フルーツと合わせてまして、マンゴーとは非常に相性が良かった感じ。柑橘系がいいのかもしれませんね。ブルーベリーとだと、ブルーベリーが強すぎる感じがありました。ピノ・ノワール種100%の味わい。

なかなか市場に出ないワインのようなので、大変貴重なワインをいただいて本当に恐縮ものです。お礼にワインを・・・といっても、いいワインを手に入れるのも難しそうので、大好きな日本酒(霧筑波武勇)の大吟醸をお返しに贈ろうと思っています。そのうちに日本酒のこともBlogに載せていきたいなと思っています。

dmatsu2005 at 12:06コメント(0)トラックバック(0) 
ワイン、酒 | 飲食

2008年06月09日

ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー」を観てきました。

三谷幸喜が脚本・監督の映画なので、個人的には密室芝居を期待しているのですが、今回は密室芝居では無かったのでそこは残念なところ。彼の映画の場合、プロモーションが非常に多くて、TVや雑誌などで目いっぱい取り上げられていますよね。で、内容はどうだったか、といいますと・・・。












おもしろかったです。




設定も無茶で、中盤あたりがちょっとタルイ感じになってしまったので、時計を見だしてしまったのですが、100分くらいのところからが非常に面白い。それまでの設定を総動員してコメディが進行します。このあたりから、観客席からクスクス声が止まらない。
内容を書くのは、まだ早いと思いますので、内緒ですが、久しぶりにコメディを観たって感じで満足して帰ってこられます。後腐れない、スッキリとしたコメディ。役者の無駄遣いってところもいいですね。


しかし、深津絵里かわいかったな。



dmatsu2005 at 01:09コメント(0)トラックバック(0) 
雑談 

2008年06月06日

お絵描きツール

drawing





ライブドアのBlogを使っているわけですが、お絵描きツールが装備されました。カメラ付きのPCだと、その場で写真が取れるので、それはそれで便利です。プリクラみたいな加工もできるけれど、枠がないからな。

とりあえず、定番のへのへのもへじを書いておきました。なんか、お絵描きツールを使ってアップロードすると、ワコムのタブレットが当たるらしいという不純な動機なのですが。タブレット欲しー。

取った写真への落書きもできるみたいなので、あとで実験お絵描きを作ってみようと思います。何が面白いって、モザイクが簡単にかけられるのだよね。フフフフフ・・・。


dmatsu2005 at 14:45コメント(0)トラックバック(0) 
雑談 | コンピュータ

南アフリカ訪問 その12

2008.01.26
 香港から成田の飛行機がオーバーブッキングで、自分の席がアップグレードされまして、ビジネスクラスに変更されたのが嬉しかったですね。ありがとう、ANAって感じです。ANA プラチナ会員なので、いろいろと特典があって素晴らしいです。香港ではラウンジも使えたしね。
 ビジネスクラスだと、機内食もグレードアップしていていい感じ。脚も伸ばせるので、ほっとできるし。いつもオーバーブッキングになるといいのに、とか思ってしまう。
 さて、なんとか成田に着きまして、同行していただいた大使館の人と別れまして、家まで帰ります。3時間くらいかかるのですが、それでも当日内には家に着きました。
 今回の南アフリカ訪問で得たものは、高度成長期の国っていうのを体験できたことだと思います。
 インフラがどんどん整備されていき、人々の暮らしはどんどん豊かになっていく。しかし、その反面、格差も広がっていて、治安面で不安な部分も大きい。
 どこまで、最低限の生活を保障していくか、ってことが国の施策として異なってくるところなのでしょうね。日本は弱者を切り捨てず、憲法第25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」に基づいた、最低保障を行ってきた結果、あまりにひどい貧困というのは避けられたのかもしれません。
 ワーキングプアなどの現在取り上げられている問題も現実的にあるけれども、それ以下の人権保障をどこまで行うのか、また、不法移民が増加の一途をたどる南アフリカで、「国民」とは何なのか、という問題もすぐには解決しないのでしょう。
 それでも、経済成長が続いていき、W杯の開催など国民がまとまる、という形で良い方向に進んでいくことを願います。
 さあ、自分のビジネスも進めていかなければなりません。がんばろう!!



dmatsu2005 at 00:20コメント(0)トラックバック(0) 
南アフリカ訪問記 | コンピュータ

2008年06月05日

南アフリカ訪問 その11

2008.01.25
 昨日は、病院で皆様にご迷惑をおかけしてしまいましたが、脚は痛いものの、とりあえず帰れる、ということでひとまず安心。
 今回のミーティング内容の覚書にサインして終了です。
 ダーバン→ヨハネスブルグ→香港→成田と計19時間のフライトです。ちなみに時差が7時間あるので、それを考慮すると26時間かかるわけでして、乗り換えも含めると、25日の13:55にダーバンを発って、26日の20:15に成田着というコースです。
 Doctorには、飛行機に乗って帰るなら、とにかく水を取って、脚を動かせ、と。できる限り、機内でも動き回っていろ、という話をされましたので、飛行機のエコノミークラスのゾーンをくるくる往復していました。



dmatsu2005 at 00:10コメント(0)トラックバック(0) 
南アフリカ訪問記 | コンピュータ

2008年06月04日

南アフリカ訪問 その10

 実は、こちらについてから2日目の夜、ベッドの上で右脚がつった感じがしました。普段、つったときには、その後、そうっと足を伸ばしていかないと痛くてどうにもならないのですが、今回はそうでもなく、ある程度したら、そのまま歩けるくらいの痛みだったんです。
 しかし、翌日からどうも右脚が痛い。変な話で歩いていると痛くないのだけれど、長時間座っていると痛いというおかしな話。加えて、夜に部屋に戻って、靴下を脱ごうとするとわかるのですが、ひどい浮腫みがあります。明らかに靴下はここまで履いていたんだなってのがわかるくらい、しっかりとむくんでいます。
 どうしたのだろう?と、足の付け根の方を見ると、虫さされに似た跡を発見。なんか、アフリカにまで来て、変な虫に刺されて、足が浮腫んでいるというのは、非常に嫌な感じ。しかも痛みはひかないし。
 いろいろと考えた末、ショッピングセンターに行くのはキャンセルして、病院に行くことにしました。海外で病院にかかるのは初めての体験です。
 ダーバンのCITY HOSPITALという病院に向かいます。先に受付で症状を聞かれて、その後R400払ってから診察が受けられるのですね。非常に面白い仕組みに感じました。
 時間も時間だったせいか、Doctorがなかなか来ませんが、診察がやっとはじまり、一緒に付き添ってくださった方が症状を訳してくれます。自分ひとりだと、筆談になってしまうところでしたが、なんとか症状を伝えて、虫に刺された、と一生懸命言いましたが、「これは虫刺されが原因ではなくて、右脚内の血流の障害だ(You have a trouble in your leg blood line.っていった気がする)」と診断されます。え?虫刺されじゃないの?という話なのですが、専門医を呼ぶから待っていろという話になります。しかし、もうそこで、2時間以上経っていますし、面倒くさいのと、専門医の診察を受けると高い(R1200って言われたし)というのもありますが、何というのかな、「明日帰れなくなる気がする」という予感がありまして、意地でも帰ると伝えます。そうすると、医者が「治療拒否の文書にサインしなければ帰さない」という話になりまして、Refusal of Hospital Treatment(治療拒否)という書類にサインをして帰ります。医療訴訟に発展するとまずいからなのでしょうけれども、こういうところがしっかりしているな、と感心します。
 そのときのDoctorには日本に帰ったら、何科にかかればいいのか?と尋ねたら、
・Family Doctor
・Physician
と書いてくれました。でも、これは「かかりつけ医」か「内科」ってことですよね。本当にそれでいいのか?と心配になります。日本に戻ったら、それは病院に行って相談しようと深く考えませんでした。
 結果的に言いますと、日本に帰って来てから「右脚ヒラメ筋血栓症」という、つまり、エコノミークラス症候群だったという診断を受けました。脚の中の血管が詰まってしまっているということです。
 飛行機の中で酒を飲んで寝る→肝臓がアルコール分解する→分解には水分が必要なので、体内の水分がどんどん失われる→血液ドロドロ状態の上、椅子で寝てしまっていて身体を動かさないから、脚に血液が溜まる→血栓ができてしまう、という理論です。もともと太っているから、血栓ができやすい上に、ちゃんと身体を動かしていない、水分補給をしない、というのが原因です。
 で、わかったことですが、この症状になったときには、1・2週間は、安静にしていなければいけないようです。というのも、血栓ができて、しばらくの間は、その血栓が血管壁から剥がれて、どこかに飛んでしまう可能性が高く、それが肺やら、心臓やら、脳に飛んでしまうと、すぐに命にかかわる症状になってしまうから、ということですね。
 やっぱり、あのとき専門医の診察を受けていたら、すぐに帰れなかったようです。危ない危ない、ってどっちが危ないのか…。ちなみに、旅行保険に入っていたので、入院してもお金の心配はなかったのですけれどね。日本での治療費も全額保険でまかなってもらえますし。
 結局何科にかかっていたか、といいますと「心臓血管外科」(@前橋赤十字病院)です。僕の場合は外科的な治療はありませんでしたけれども。この後、5月下旬までずっとワーファリンという薬を飲んでおりました。このワーファリンという薬は、納豆を食べてはいけない薬でして、納豆を食べる頻度が高い自分には非常に辛い4か月間でした。そういうわけで、今度から長時間飛行機に乗る時には、ちゃんと水分を取って、動き回るようにします。



dmatsu2005 at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 
南アフリカ訪問記 | コンピュータ
livedoor プロフィール

アロハ

痩せないと死ぬよっていう宣告を受けてしまったので、ダイエットに目覚めたプログラマー(約95kg)

広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オススメの書籍