2010年02月

2010年02月23日

googleの音声認識

iPhoneを買って一番便利だなって感じるのは、googleアプリの音声認識ですね。
android版も出ているのは知っていましたが、どうせそんなのって思って使ってもいなかったのです。
普通に使える感じ。このままいけば、近いうちに文章の入力も音声でって日も来ますね。それくらい、認識率が高いので、是非体験してみてください。
google版IMEが出ているわけで、PC版のリリースも近いでしょうね。そうしたら、ヘッドセットで、文章入力する人も出てくるね。キーボードを超える入力機器という観点で、手書き文字のソリューションは沢山みてきましたが、それを飛び越える予感がするのは、未来って感じで気持ちイイ。

dmatsu2005 at 00:55コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月17日

バーコードリーダーを買う

バーコードリーダーを買ってみました。


エフケイシステム CCDバーコードリーダー USBインターフェイス TSK-Uエフケイシステム CCDバーコードリーダー USBインターフェイス TSK-U
販売元:エフケイシステム
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


新しくJANを取って商品に貼り付けるお客様がいらっしゃったので、買ってみたものの、さっそく、そのお客様へお渡しすることに・・・

そりゃそうだよなぁ。安いし。


dmatsu2005 at 12:59コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事 

2010年02月14日

飲み過ぎた

仕事の関係とはいえ、飲み過ぎました。

朝、6時25分新宿発東京行きの中央線に乗ったのですが、気がついたら、八王子でした。頑張って戻って、9時20分東京発長野行きの新幹線に乗りました。
10時10分高崎着らしいのですが、寝過ごさないようにしないと。

いろいろ大変です。


dmatsu2005 at 09:29コメント(0)トラックバック(0) 
雑談 

2010年02月12日

iPhoneを買って

一昨日、あまり公開できない動機でiPhoneを買ってしまいました。16GBの3GSは実質無料ですからね。でもケースやら、Bluetoothハンドセットやら、大体登録手数料がかかったりしてますから、数千円のレベルでお金は掛かっていますけど。
ま、早速、いじってはいるものの、まだバリバリに使いこなせる訳も無く、App Storeで無料アプリをダウンロードして遊んでいる程度です。
オススメアプリがあったら教えてください。

ちなみに、このエントリはLivedoorブログ用のアプリで書いてます。

dmatsu2005 at 08:33コメント(0)トラックバック(0) 

公教育と私塾の差

だんだん、言論プラットフォームとして面白くなってきたなぁと感じるアゴラですが、コメントしたくなった論争があったので、ちょっとコメントしておきます。

以前に塾講師として勤務していたときに、なぜ公教育の他に私塾が存在して、そしてそこに生徒が集まるのか、ということについて考えていた時期がありました。これは、当時勤務していた塾の生徒が通う中学校の教師が、PTAの場で「塾には通わせないでほしい。当該教科の新単元に入った時の驚きがなく、知的興奮が妨げられる。」という趣旨の営業妨害の発言があったそうで、それを親御さんから教えていただいたときに、自分のやっていることのレーゾンデートルを確認するために自己問答していた話を思い出しました。

まず、松本さん(僕と同じ名字ですね)がイタリアの友人との会話ということで次のように述べられます。

教育の改革は火急の問題|松本徹三
http://agora-web.jp/archives/915751.html

息子さんを「中高一貫教育をしてくれる良い中学校」に入れたかったのですが、うまくいっていません。それもその筈、「子供を塾などに通わせるのは間違っている」という考えから、塾に通わせるなどの受験の準備は、全くやっていなかったからです。
とはじまります。僕としては、実はもう、この段階で意味不明なのですが、もうちょっと引用します。
今、このご夫婦は、「塾に行かせなかったのは本当に正しかったのか?」と、真剣に悩んでいるのです。
彼等と話しているうちに、私も、考えれば考える程、日本の「塾システム」の馬鹿々々しさに気分が滅入ってきました。このイタリア人の友人は、「負け惜しみで言うのではないけど、こういうシステムで教育された日本の若者の『国際社会での競争力』は、必ず落ちていくと思うよ」と言っていましたが、私もそう思います。
日本の塾システムは、学校でやっているのと同じ教科を、ほぼ同じ目的で、並行して教えるシステムです。欧米人には、これは全く理解できません。もし本当に それが必要なのなら、「現在の学校での教育は有効に出来ていない」ということなのですから、「それなら、学校での教え方そのものを変えなければならない」 と考えるのが当然だからです。
ここまで読んで、松本さんが言いたいことがやっとわかりました。塾というところが「学校でやっているのと同じ教科を、ほぼ同じ目的で、並行して教えるシステム」だと誤解している(と僕は断定する)ところに気がつきます。

僕の反論よりも先に、アゴラで反論している方がいらっしゃるので、そちらを引用しておきましょう。

難関私立中学に楽して入りたいとは、呆れた話ですね|井上晃宏
http://agora-web.jp/archives/916510.html

松本徹三さんのご友人の「疑問」を要約すると、こういうことになります。
「息子に中高一貫校に行かせたいが、そのためには、入学試験を突破しなくてはならない。しかし、入学試験の内容は、塾に通わなければ解けないような内容である。これはおかしい」
ご友人には、こう忠告すべきでしょう。
(省略)
2.サッカーで遊びながら、中高一貫校に行きたいなら、非常にイージーに入学できる私立中高一貫校はいくらでもある。なぜそこへ行かないのか?模試偏差値30で50%合格という学校なら、ほとんど誰でも入れる。
松本さんの話で最初に引用した「中高一貫教育をしてくれる良い中学校」というのが「偏差値の高い難関中学」ということを指しているのか否かで、論点がずれてしまっていますよね。
「良い」というのが曖昧な表現だからいけないのでしょうが、偏差値が高くなくとも「良い」中学校はあります。だから、単純に中学校のことを調べてないだけなんじゃないのか、と思うのです。(思い込みだけで文章を書くのだったら、イタリア人の友人だと尚更、何も調べてなくて、誰かの聞き売りで、あそこの中学校に入れたい、って言ってるだけじゃないのか、と思っちゃいますけど。)

もっと言ってしまえば、塾という存在を否定されていますが、そもそもの公教育が目指しているのは何なのか、ということに尽きるのではないでしょうか。

どちらかというと公教育は最低限これだけは知っておかなければならないという社会要請を保証するシステムであればいい、と考えています。それ以上に知的探求心を極めたかったり、社会に出る前に専門的な知識を得たい、ということに対して、大学などの高等教育が存在するわけですから、それは別個に語るべきことでしょう。

そういう前提で、塾というのは、最低限のレベルで教えていても、落ちこぼれてしまう生徒を拾い上げる目的の塾もあれば、そのレベルでは満足できない生徒に対して、さらに知識を与える目的の塾もあるのだと思うのです。もちろん、受験テクニックを中心に教える塾もあるでしょう。それは、その塾の目的が入学試験に合格することなのであって、その目的に合致した生徒が通うわけです。それはそれでニーズがマッチしており、口をはさむ必要はないと思うのですが、いかがでしょうか。

それとも塾に通わなければ解けない問題しか出さない私立中学がおかしい、という話でしょうか? 突き詰めて言えば、そういう私塾と私立中学のセットコースが嫌だというのならば、他の選択肢もあるはずなのですが、どうして、私立中学合格には塾が絶対必要だ、という話になってしまうのでしょうか?

公教育が担う「社会人としての最低限の知識」を学ばせる、子供のソーシャライゼーション(社会化)に、何かを加えなければ海外との競争に負けてしまうという話と、個々の生徒の状況に合わせ、ニーズが無ければ生徒が来ない塾は社会的に不要だというような話は、どうも食い違っているとしか思えず、反論したくなります。

公教育の問題点は多々あるかと思います。僕が受けてきたころは1クラス40人位で、その頃の先生は「本来25人位で教えられれば、きめ細かく教えて落ちこぼれを出さずに進められる」とおっしゃっていましたが、今では、1クラス20人に先生が2人もいるような状況でも落ちこぼれてしまう子がいるのは、いったい何なんだ、という話だったりするのが気になって仕方がありません。

去年話題になった全国統一の学力テストで、生徒の学力が全国平均以下ならば、全部契約社員に降格し、新しく教員免許を取ってきた大卒の人間と同様、再試験で継続雇用にするか否か判断する、というくらい、自分の身分に危機感を持たせないと、どんどん先生の教授レベルの質が下がってくるんじゃないかと考えています。あの学力テストを反対していたのは、先生と呼ばれる人たちが、自分の教授レベルを客観的に判断されるのを恐れて公開拒否していたとしか思えませんし。
せめて同一県内でも学校別に成績を比較し、給料に差をつけるくらいのことをしたほうがよほどマシです。これならば公開する必要もないですしね。

公教育の在り方については、もっともっと議論を進めていきたいテーマの一つです。ぜひ活発に議論が進むことを楽しみにしています>アゴラ


dmatsu2005 at 06:20 
政治経済 

2010年02月11日

イトーヨーカ堂前橋店は閉店だそうで。

12月の記事でチラッとだけ書きましたが、イトーヨーカ堂前橋店の存続はどうなったのかずっと気になっておりました。

前橋駅前通り活性化勉強会
http://blog.livedoor.jp/dmatsu2005/archives/51739205.html


そうしましたら、ふと教えていただいたasahi.comのニュース記事が、これ。

イトーヨーカ堂前橋店 今秋にも閉店 | asahi.com
http://mytown.asahi.com/gunma/news.php?k_id=10000001001300001

JR前橋駅前のイトーヨーカドー前橋店(前橋市表町2丁目)が今年秋にも閉店することが29日、分かった。同店を運営するイトーヨーカ堂(本社・東京)の親会社、セブン&アイ・ホールディングスの関係者らによると、イトーヨーカ堂は9月末で期限を迎える前橋店の賃貸契約を更新しない方針。
前橋店の建物を所有する同市内の企業は、閉店を前提に駅前のマーケティング調査に着手している。「県都の顔」となる今後の建物の活用策が焦点となりそうだ。
セブン&アイなどによると、イトーヨーカ堂は昨年夏、前橋店の閉店を前提にした話し合いを建物所有者に申し入れ、「(賃料引き下げなどの)条件面で改善が進むかどうか協議を進めてきた」という。
関係者によると、協議に進展はなく、イトーヨーカ堂側の閉店方針に変更はないという。建物所有者がコンサルタント会社に商圏などの市場調査を依頼したのは昨年末。閉店後の建物活用策について検討が進められている模様だ。
やっぱり閉店になってしまいましたか…。仕方がないことですが、何とか賃料交渉がうまく行って、ネットスーパーでも始めてもらえないだろうか、と超楽観的希望的観測みたいなことを祈っていたのですが。

この後、このビルが何に活用されるのか、というのは非常に関心が有りますね。というのも、やっぱり前橋の玄関口ですから、ただの空きビルになっているのではもったいない。
だいたい、来年群馬県でデスティネーションキャンペーンをやるという話なのに、その矢先に閉店決定とは前橋市だけ足並みが揃えられないと言われそうな状況ですし、すぐに次のテナントを誘致しないとなりません。

以前から「前橋駅前ケヤキ並木通り活性化勉強会」(※最近正式名称にケヤキ並木が追加されました)では、前橋市中心市街地活性化基本計画に定める重点地区(25ha)というエリアにケヤキ並木通りが入っていないため、融資制度が受けられない、ということに問題提起をしていて、エリア拡大を提案しないといけない、と話してきました。

今回のイトーヨーカ堂閉店後のテナント誘致に向けて、ぜひ、エリアを前橋駅前まで拡大し、イトーヨーカ堂も含まれるようにしなければなりません。撤退という決して良いニュースではないけれども、それを転じてチャンスととらえられるような施策が必要です! これを機会に前橋駅と中心街を結ぶケヤキ並木通りの活性化が更に重視されるように活動しなければなりませんね。
新しく商売を始める方に、ケヤキ並木通りも候補にあげてもらえるような施策を考えなければ。

私見ですが、ケヤキ並木通りの人通りは、朝7:30〜8:30が一番多いと感じています。もし、弁当などを売ったら、出勤時に買って行かれる方も多いのでは?と思うのですけれど。個人的には定食屋が欲しいのですが、弁当屋の方が効率的かも。しかも朝だけ。いかがですか?


dmatsu2005 at 06:30コメント(0)トラックバック(0) 
ニュース | ケヤキ並木

2010年02月10日

ラーメン太助(前橋市)

以前から行こうと思っては、定休日だったり、急な休みだったりして入れなかった「ラーメン太助」。やっと入れましたので、そのレポートを。

ラーメン太助

ラーメン太助

より大きな地図で ラーメン太助 を表示

住所: 前橋市城東町1-35-10-103
TEL: 027-234-4964
駐車場: 有り(5台)
営業時間: 19:00〜翌朝5:00
定休日: 火曜日・第3月曜日
場所は城東小の前・勢多農高校付近、と言ったらわかりやすいでしょうか? 行って初めて、朝5時までの営業だってことに気がつきました。そうだ、今度から夜遅くに中華料理が食べたくなったらココに来よう。

ま、とりあえず、メニューでも。

メニュー

僕は餃子(400円)&生ビール(600円)です。

餃子

うまいです。ビールの写真撮ればよかったなぁ。
友人のK君は、葱ラーメン醤油(650円)&チャーハン(650円)とボリュームたっぷり。

葱ラーメン醤油
麺アップ
チャーハン

少しずつ分けてもらって味見をさせてもらいましたが、普通に美味しかったですね。ラーメンスープはちょっと甘めかなぁ、という気もする。飲んだ後にやさしいラーメンかもしれませんね。営業時間から考えても。

今度はレバニラ炒めとか、中華料理屋のメニューにチャレンジしてみたいと思うお店でした。


dmatsu2005 at 06:10コメント(0)トラックバック(0) 
飲食 

2010年02月09日

無線LAN内蔵の体重計が販売されたとは知らなかった

無線LAN内蔵の商品にはいろいろと驚かされているけれど、この体重計にも驚かされた。

WiFi Body Scale WBS01WiFi Body Scale WBS01
販売元:Covia
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
2010/2/8現在、17,800円(税込)の値段が付いておりますが、これは欲しい。何やら、iPhoneアプリとの連動もあるけれど、Webサーバ上に送ったり、Twitterに呟いたりと、いろいろ迷惑な便利な機能がついているようです。

Eye-Fi Share 無線LAN内蔵SDメモリーカード(Jpegのみ転送)Eye-Fi Share 無線LAN内蔵SDメモリーカード(Jpegのみ転送)
販売元:Eye-Fi Inc
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
Eye-Fi Share Video 無線LAN内蔵SDHCメモリーカード(動画対応版)Eye-Fi Share Video 無線LAN内蔵SDHCメモリーカード(動画対応版)
販売元:Eye-Fi
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

こちらのEYE-Fiも買ってしまいたいのですが、4GB版が欲しいものの、今の自分がメインで使っているコンパクトデジカメ FinePix F40fdは、残念ながらSDHCなSDカードに未対応なのです…。だったら、2GBのを買えばいいじゃない、っていう話なのですけれどもね。いろいろと悩んでおります。4GBを買って、一眼レフに刺しておけばいいんじゃないか、とか。新しいコンパクトデジカメ買っちゃえばいいんじゃないか、とか。

ちなみにEYE-Fiを知らない方に機能説明をすると、SDカードに無線LANが内蔵されているので、撮った写真を無線LANでどんどんPCやらサーバやらに転送してくれる機能が付いています。いちいち、カードリーダにさしてコピー、とかをやらなくていいので、便利かもね、って商品です。

ここまでいくと、あと何に無線LANが仕込まれるといいのか、考えてしまいますね。最近、TVでルナルナのCMばっかり流れているから思っちゃうけど、女性向けに体温計に無線LANを内蔵するとか、健康つながりで血圧計とかに内蔵するとか、ね。

あとは売れなくなった固定電話機。Skype内蔵して売ればいいのに、とか思っちゃったりして。コードレスの充電器が無線LANの子機になっていて、LANケーブルでデスクトップPCにつなげられるようにするとか、便利だと思うけど、どうかな?

dmatsu2005 at 15:47コメント(2)トラックバック(0) 

初めて見た「狆」(けものへんに中)という名の犬

僕は基本的に犬よりも猫派なものですから、ペットショップに行っても猫を眺めていることが多いのですが、どんな犬がいるのかなぁと見ていたのです。

そうしましたら、

DSCF0341

という犬がいるではありませんか。

申し訳ないことながら、その犬本体の写真は、ぶれてしまってい本文の最後にGoogle画像検索の検索結果でも付けておきます。犬にそんなに興味があるわけでもないのですが、知らない犬種で、しかも「漢字が読めない」なんて、結構ショック…。

知ってました?みなさん? まず読み方も含めて。僕は勉強しちゃいましたよ。写真を見れば、あぁこういう犬いるね、って感じだけど、普通に雑種なんだと思ってました。んー、奥深い世界だなぁ。

Google 画像検索:「狆」
Wikipedia: 「狆」

dmatsu2005 at 06:15コメント(2)トラックバック(3) 
雑談 

2010年02月08日

山岡家でラーメンを食べる

先日、山岡家で「特製味噌ネギチャーシュー」(1030円)の麺硬め・のり増しをいただきました。

特製味噌ネギチャーシュー・のり増し・麺硬め

結構いい値段してしまうので、なにげにそれが残念なのだけれども。
ちなみに半ライスも付けてしまった。

半ライスも付けちゃった

山岡家に行くたびに大学時代のことを思い出してしまう。元々、国道6号線沿いの牛久市にあるラーメン屋で24時間やっていることから、よく夜中とか明け方に食べに行った。それなので、「牛久ラーメン」と呼んでいたのを思い出すけれど、大学4年の頃かな、チェーン展開が始まって、つくば市やら小山市やら、国道4号線沿いなんかにも出来はじめてきて、自分が群馬に戻ってきて数年で近くにも山岡家ができたのは嬉しかった。
今でも、店舗には1号店の牛久店の頃の写真が飾られていたりしますよね。

当時は豚骨醤油がまだメジャーじゃなかった頃で、濃厚なスープが珍しい感じでしたけれども、横浜家系で一気に豚骨醤油が流行ったので、個人的にはどっちが先なのかなぁ、なんて思っていたりもしています。(そういう歴史はよく分からないので、誰かに任せます。)
そういえば、はじめて札幌に行ったときにも、山岡家があったのにはびっくりしたなぁ。
チェーン展開するのは難しいものなのだな、ということを感じるほど、店別に味がぶれちゃったりしていることもあって、それが残念でたまりません。それでも不味いという気はしないけれど、濃厚なスープがダメだっていう人もいますよね。根本的に山岡家以外でもダメだと思うけれど、山岡家が好きだってのはやっぱり16歳くらいから32歳くらいまでの男性がメインターゲットのような気がします。年取ってくると、あのコテコテさに負けちゃうようになってくるんだろうな。

さて、そんな批判的な話はおいといて、このラーメンは、のりとライスが合うと思うのですよ。一番ウマイと思うのは、麺をのりで巻いて食べたり、ライスをのりで巻いて、スープに沈めて食べたりと、そういうのが特に合うと思うわけです。
こういう食べ方では、他店のラーメンを寄せ付けないほど美味しいと思うわけでして、この辺では、唯一、湘家がこの食べ方でそこそこいけるけれど、ってところかなぁ、と感じている次第です。次回、山岡家でラーメンを食べるときには、是非のり増し・麺硬めで食べてみて下さい。

ついでに言っておきたいことを一言。山岡家がチェーン展開してきているので、あとは、天下一品が群馬に上陸してくれれば、言うこと無いですね。誰か、やってください>天下一品in群馬。近くにできれば、常連になると思います→自分。

dmatsu2005 at 19:51コメント(0)トラックバック(0) 
飲食 | 雑談
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍