2010年05月

2010年05月10日

過払金返還訴訟に対する反撃開始

巷の司法書士さんや弁護士さんが、かなりの広告費を払い、サラ金で借金を増やしてしまった人をあおりまくって、サラ金に対して「過払金返還訴訟」連発して、サラ金潰しにつながっているというのは、もう誰もが知るところです。ところで、グレーゾーン金利でやってて何が悪かったんだ、ってな話を誰も突っ込まないなぁ、と思っていたら、訴えたところが出たんですね。

【ニュース】:過払い金返還で元貸金業者が国家賠償請求
http://ameblo.jp/law-tokyo/entry-10529344765.html

根本的に感じるのは、弁護士事務所がTVCMが打てるほど「過払金返還訴訟が儲かる」というのが異常な事態ではないのか、ということ。もともと、サラ金がTVCMで金貸し出し先を開拓して、その金を回収したと思ったら、今度は過払金で弁護士が金を集めてTVCMを打っている。金借りた人は2重払いしているし、TV局(と広告代理店)は契約2重取りでおいしいよね、みたいな。
全然、金借りている人には優しくない、ってことがわかるんだけど、まぁ当り前か。金借りる人に優しくないのは。

この国賠訴訟がうまくいくわけないと思うけれど(日本ではどうせダメだろう)、万一、うまくいけば、サラ金業界が息を吹き返す、って感じでしょうか。上限金利とか厳しくなったから結局だめかな。過去のものまでNGくらうという恐ろしいペナルティが無くなるだけじゃ、どうにもならんか。

dmatsu2005 at 13:51コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事 

前橋駅前ケヤキ並木は新緑が美しい

あまりにも新緑がキレイだったので写真を撮ってみました。

けやき並木
けやき並木2
けやき並木3

イベント早くできるといいなぁ。ホントはこの時期にイベントが出来るといいのだけどね。行政の単年度予算執行の問題点を感じるよね。紅葉の時期もいいけれど、新緑の時期もキレイなので、ぜひ一度歩いてみて下さいませ。

dmatsu2005 at 06:30コメント(0)トラックバック(0) 
ケヤキ並木 

2010年05月09日

アリス・イン・ワンダーランド

面白いという評判を結構聞きまして、観ておこうと思ったのが最大の理由ではありますが、観てきました>「アリス・イン・ワンダーランド」。

いや、つまらなかった、というわけじゃないですよ。面白かったです。すげー最高!!ってほどではなかったのは事実ですが、アリスの世界観がわかっていれば、さらに楽しめる内容だと思うので、ぜひ「不思議な国のアリス」と「鏡の国のアリス」を復習してから行ったらどうか、と思いますよ。

不思議の国のアリス (岩波少年文庫 (047))不思議の国のアリス (岩波少年文庫 (047))
著者:ルイス・キャロル
販売元:岩波書店
発売日:2000-06
おすすめ度:3.5
クチコミを見る
鏡の国のアリス (岩波少年文庫)鏡の国のアリス (岩波少年文庫)
著者:ルイス キャロル
販売元:岩波書店
発売日:2000-11
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

なんつーかな、映画の感想的な話をすると、「白の女王」ってのが良い人の役なわけなんだけど、好きになれない女だなぁって感じたのです。少なくとも、僕は嫌いな方に分類される女・・・。
だから、「赤の女王」の方がかわいそうな感じといいますか。ま、勧善懲悪って大切だと思うので、こういうストレートな話も大切なんでしょうけどね。

でもはっきり言います。3D版かどうかは、あんまり意味ないかと。2Dでも十分楽しめると思います。それだけは断言しておきます。

dmatsu2005 at 22:47コメント(0)トラックバック(0) 
映画 

【書評】私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか

オウムウォッチャーという言葉は既に死語なのかもしれないが、不謹慎なことかもしれないけれど、自分は間違いなくオウムウォッチャーだった。だから、松本智津夫(麻原彰晃)の四女が著者だという、この本を見かけたら読まずにはいられないわけで、その本の感想をブログに書いておこう。

私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか ~地下鉄サリン事件から15年目の告白~私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか ~地下鉄サリン事件から15年目の告白~
著者:松本聡香
販売元:徳間書店
発売日:2010-04-24
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

この本を読んだ、一番率直な感想は、この四女である「さとか」さんは、良好な人間関係が維持できない、そして精神的にちょっと病んでいる感じがする(本文中には心の病と闘っていると書かれているけれど)女の子の告白本という感じです。
基本的に、オウム・アレフ・ひかりの輪、更に言えば江川昭子にまでネガティブな話が続いている立場で書かれた本ですから、一般的に言えば、それは世間大多数と同じ気持ち(江川昭子の件は別かもしれないけれど:-p)なはずで、応援してあげればいい、というストレートな気持ちになりそうな論点ではあるはずなのに、精神不安定な感じがビシビシ伝わってきて、どこまでが真実なの?っていう気持ちになってしまうんです。ですから、「さとか」さんの立場から見た場合はそうのかもしれないけれど、本当にそうなの?っていう不安がよぎる本であるかと思うのです。
だから、現役のアレフ信者や、ひかりの輪信者の方達は、そのあたりを突いて、この本は無視すればいいってなネガティブキャンペーンをはじめるだろうな、っていう気さえする内容です。

だけど、「さとか」さんが、そのフォローアップする人間に恵まれていない、という気もするんだな。深く洗脳されていたことで、本質的に解けていない部分があるのかもしれないけれど、先に言ったように「良好な人間関係が維持できない」という気質が問題なんだと思う。喧嘩をしながらも、意見を闘わせながら、更に相手を解り合っていく、というステップを踏めない、ということなのかもしれませんね。
相手が少しでも否定すれば、もう関係は維持できない、ということで離れてしまう、というのは、これがカルトが社会と断絶してしまう基本的な性質なんだな、ということを感じさせてくれます。カルトの場合は、少しでも否定されたら、敵として認識するってことなですよね。
あきらめずにしつこくフォローするような人間がいれば、良かったんでしょうね。ただ、それができるのは「親」のように損得抜きに相手のことを思いやってあげられる立場の人間だけなんだろうな、とも。その「親」が、麻原と、その妻、という状況下ではかわいそうだけれど、フォローが望めない、ということもあるんだろう。

ただ、この本で書かれていた、「さとか」さんの意見としての、次の「事実」については、僕は真実だと思っている(根拠は?、と言われても困るけれど)。
  • 『父(麻原)はやっぱり詐病だったんだ』と、はっきり悟ったのです。
  • 「尊師を隠してでも教えを広めることが尊師への恩返しだと思うのです」
    「麻原外し」の急先鋒である上祐さんが、そんなことを言うのは意外でした。
その他の教団幹部へのコメントなども、非常に興味深かった。新実死刑囚(ミラレパ)が、完全に逝っちゃっているままで、死刑執行されるのでは結局死刑の意味がない気もする感じすらする。
なぜ、自分が死刑をもって罪を償わなければならないのか、ということを感じさせられないのであれば、死刑制度の矛盾を感じる。死刑否定論者ではないけれど、それなら、よほど終身懲役で、少しでも働かせた方がマシだと思うよ、ホント。

dmatsu2005 at 22:25コメント(0)トラックバック(1) 
書評 

2010年05月08日

ドリアンを食べたい人〜

前橋近辺の方に新着情報です。

昨年に続き、今年6月27日(日)に、タイ麺セマクテにて、ドリアン即売会が開催されるとのことです。

去年のドリアン↓
ドリアン


タイ麺 セマクテ


より大きな地図で タイ麺 セマクテ を表示

住所: 前橋市千代田町4-2-11
TEL: 027-232-0893
営業時間: 11:00〜15:00/17:00〜21:00
定休日: 火曜・最終水曜日定休
※日曜・月曜のみ11:00〜17:00
ホームページ: http://dan-b.com/semakute/

昨年のドリアン即売会の様子はこちら

ホールで買う場合には事前予約が必要だとのこと。
昨年は無事完売だったそうですし、確実に手に入れるのであれば、予約しましょう。
しかし、僕は美味しいと思うのだけど、げっぷが臭くなるのが問題点だよなぁ。→ドリアン

夏に向けて新メニューも用意しているということなので楽しみです。

dmatsu2005 at 08:28コメント(1)トラックバック(1) 
飲食 

2010年05月04日

勝間vsひろゆきの対談が面白くて。

いきなりではあるが、まずは、「勝間vsひろゆき対談」に関するリンク集から。
■Youtube動画
【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき 1/3
http://www.youtube.com/watch?v=gqduJqJuQUs
【若者への起業促進?】 勝間 vs ひろゆき 2/3
http://www.youtube.com/watch?v=kyxMpFuInSk
【国民幸福度】 勝間 vs ひろゆき 3/3
http://www.youtube.com/watch?v=uwlKyWP1n2g

■(動画はかったるい方へ→)文字起こし
wt5の日記
デキビジ 勝間和代 VS ひろゆき を文字におこしてみる
http://d.hatena.ne.jp/wt5/20100503

■勝間側の見解
勝間和代公式ブログ
2chはIPの開示に積極的であるというひろゆきさんの注目発言について
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2010/05/2chip-8a3f.html

■この対談について直接ではないが、ひろゆきが起業を勧める人についてコメントしたブログ
http://hiro.asks.jp/67280.html
ライブドアニュースでもコメントがどんどん付いているので、みんな関心が高いのですね。
http://news.livedoor.com/topics/detail/4751096/

世の中のことを「〇〇だから△△な状況なんだ」と理由付けして説明したい勝間さんと、そんな見方はおかしくね?っていうひろゆきって構図だったけれど、ひろゆきの方が素直にモノを見ていて、勝間理論は無理がある感じバリバリ。
「△△な状況」を「〇〇がいけない」って説明したいんだろうなぁ、とも思うし、だから「私は□□することで○○を直すんだ」ってところまで世直し気分の勝間に対して、ひろゆきが「それは重箱の隅の方だけの話じゃない?」とか「それは本質的な問題じゃないでしょ?」と諭してあげる、世間一般的な見方からすれば逆の立場のような対談です。
単なる感想として言えば、私は、勝間和代という人がもっとディベート上手だと思ってたのですが、そうでもないんだなぁ、ということ。ひろゆきの方が圧倒的に上手。

ひろゆきの言葉に共感する部分も多かったので、いくつか引用しておこうと思う。
ひ:いや、金持っているのは歳取った層ばかりなんだから、歳取った層が自分で若い人雇えばいいんじゃないですか。なんで若い人が起業しなきゃいけないんですか?
ひ:ええ。だって需要があって、それを老人が作ろうが若者が作ろうが、欲しい人は別に作者がだれかなんてどうでもいいわけでじゃないですか。今だってシャネルの商品をシャネルデザイナーが誰かなんて分かってないで買ってるじゃないですか。
ひ:いや、だから僕は水と安全が確保されているということが大事で、で後は別になんか給料が低いとかって言うのは生きていく上でそこまで重要ではないと思うんですよ。
インターネット上で何人かの人も書いていたけれど、このコピペのことも思い出した。僕も好きなジョークなので、載せておこう。
メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ」

と答えた。旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」

と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」

と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、
子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」


dmatsu2005 at 19:11コメント(1)トラックバック(0) 
雑談 
livedoor プロフィール

アロハ

痩せないと死ぬよっていう宣告を受けてしまったので、ダイエットに目覚めたプログラマー(約95kg)

広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オススメの書籍