2010年12月

2010年12月24日

Windows出張サポートで持っていくべきものたち

Windowsの出張サポートが続いています。
本業というわけでもないので、仕事がスムーズにできるように、7つ道具を準備しようといろいろと使っていまして、最近持っていくと便利なものをまとめてメモしてみることにしました。

1.ドライバー工具一式
2.LANケーブルテスター
3.リムーバブルなHDD(2.5インチもの;各種バックアップ用)

まぁ、このあたりはいいとして、

CD-Rで焼いておくソフトとしては

4.Memtest86+
http://www.memtest.org/
メモリー壊れているかどうかのチェックで使用します。

5.Ubuntu Live CD
http://www.ubuntulinux.jp/products/GetUbuntu
ハードウェア故障か、ソフト異常かの切り分けに使ったりしてます。

で、こっちからはUSBに入れておくソフトです

6.HWMoniter
http://www.cpuid.com/softwares/hwmonitor.html
電源がおかしいかも?ってことで調べるソフト

7.AppCrashView
http://www.nirsoft.net/utils/app_crash_view.html
ブルースクリーンなどが出ていれば、その詳細データを見られるソフト

そして、いくつかのマイナーなコマンド類を覚えておく。

ipconfig /flushdns
※DNSトラぶったときにDNSキャッシュを忘れさせる

sfc /scannow
※システムファイルが正常かどうかチェックしてくれる

これ以外におすすめがあれば教えてください。

dmatsu2005 at 18:42コメント(2)トラックバック(0) 
コンピュータ | お仕事

2010年12月15日

心に余裕がないとすぐにイラッときちゃうね

なんか、心に余裕が無くなってきているので、「バッカじゃないの?」って思うニュースを見て、つい書いてしまうわけだが。

携帯電話販売店に覆面調査=全国1500店で実施へ―閲覧制限説明実態把握・警察庁 | Yahoo! ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101214-00000027-jij-soci
警察庁は14日、有害サイト閲覧制限サービス「フィルタリング」の利用促進に向け、携帯電話販売店の実態調査をすると明らかにした。同サービスの利用率は低い水準にとどまっており、同庁は販売店の説明不足が背景にあるとみて、調査結果を分析し、取り組み強化を働き掛ける。
個人情報の問題やら、契約内容の問題やら、今度は有害サイトのフィルタリング設定まで、、携帯1台買うのに、どれだけ説明されなきゃいけないんだ、っつー話ですよ。

ホントにむかつく。余計なコスト・時間がかかるばかり。


dmatsu2005 at 12:31コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月12日

ソフトバンク・フェムトセル設置完了!

ソフトバンクのフェムトセルを申し込んだのが、1ヶ月前の11/12でした。

今更ながらソフトバンクのフェムトセルに申し込んでみた | 止まらずに走れ!
http://blog.livedoor.jp/dmatsu2005/archives/51878773.html

で、本日、フェムトセルの設置が完了しました!

トリオモデムとフェムトセル

→→→ということはちょうど1ヶ月。

結構早く設置が出来ちゃうわけなのですね。

フェムトセルって何なの?ってことを前回記事で聞かれたので、ちゃんと説明しておきましょう。
フェムトセルとは―――
半径数十メートルの狭い範囲をカバーする基地局の通信エリアのことをいいます。通常の携帯電話基地局の通信エリアは半径数百メートル〜十数キロメートルの広範囲をカバーし、その大きさからマクロセルと呼ばれています。それに対し、通信エリアを半径数十メートルにまで絞り込んだのがフェムトセルです。ソフトバンク3G携帯電話が使用する2GHzの周波数帯は、電波の直進性が高いため、建物の奥や地下ではどうしても電波強度が弱くなる性質があり、マクロセルの設置だけでは、すべてのエリアをカバーすることができません。そこで、この問題を解決するために、マイクロセルやピコセルのような小さい基地局を設けてカバーしているのです。しかし、それでは住宅内などではカバーしきれない場合があります。そこでフェムトセルというさらに小さな通信エリアが必要になるわけです。ちなみにフェムトセルの「Femto」は1000長文の1の意味です。
自宅の中でも部屋を移動するとソフトバンクの携帯は回線が切れてしまうという現象に悩まされておりましたが、これで改善すると思われます。ただ、それが改善したかどうかは、もうちょっと使ってみないことには分かりません。後日、また、レポートしたいと思います。

2ヶ月くらいかかるという噂だったのに、早くて結構驚き。

ただ、実はフェムトセル機器が届いたのは12/9でした。でも、接続をがんばってみても、どうしても電源ランプが早く点滅してしまう状態で、「電源投入時およびソフトウェア自動更新時」という状況から変化が見られませんでした。30分位してもダメなら、あーしてこーして、というようなマニュアルが付いているのだけど、全部ダメなので、コールセンターに電話しました。すると、1日くらいしないとダメなお客様もいるので、そのまま1日くらい付けておいてください、という話でした。

で、12/10もダメ。昨日、12/11は忘れていたので、状況を見ておらず、本日12/12、やっぱりランプ早点滅なので、電源再投入を実施。すると、今回はうまくいった、というわけなのです。マニュアルに記載の確認電話番号に電話すると「フェムトセル小型基地局経由の通話を確認しました」という案内が聞けました。

単にソフトウェア自動更新がうまくいっていない、というわけでもないような感じがしました。まぁ、ADSLなので、スピードが出ていなくて、そういう問題が起きているのかと、ADSLモデムのLANポートにノートPCをつないで、回線スピードチェックをしてみると、下り4MB、上り1.5MBくらい出ているし、支障は無さそうだったのですけどね。

そうそう、これを書いてしまっていいのかよくわからないのだけど、つまりはYahoo! BBのADSL回線がタダで手に入ったということも付け加えておきます。

僕の場合、通常自宅のインターネット環境はマンションの管理会社が用意しているプロバイダーなんだけども、このプロバイダーではソフトバンクのフェムトセルのサービス(ホームアンテナFT)を受けることができない。そこで、アナログの電話回線はあるので、そこにADSLを重畳してもらうことで、フェムトセルが利用できるようになっているわけです。このYahoo! BB ADSLの費用はソフトバンク持ち。僕には一切の費用負担はない。(まぁ、モデムとフェムトセルの電気代がかかっているけども…)

通信スピードが遅いから、そちらを使うことはよほどのトラブルでもない限りあり得ませんが(一応、過去にマンションの基幹のハブが逝ってしまってインターネットがつながらなくなったという事件がありました…)、これで4系統目のインターネット接続環境が確保されました。
  1. マンションのプロバイダー
  2. DoCoMoでの3G通信(←高いから使わないけどね)
  3. UQ WiMAX
  4. Yahoo! BB ADSL
iPhoneとかiPadでテザリングできればいいんだけどなぁ、本当に。都内とかだとソフトバンクの3G回線はパンク中らしいから、絶対ありえないことなんだろうけれども。(64kbpsしか出ないという噂が…制限しているのでは?)
JailBreakするのは後が面倒だしね。

さー後で、どの辺までフェムトセルの電波圏内なのか確かめてみよっと。


dmatsu2005 at 18:50コメント(0)トラックバック(0) 
技術 

2010年12月10日

「ディスプレイドライバーが応答を停止しましたが、正常に回復しました。」攻撃を回避できた

先月いきなり自宅のPCがお亡くなりになって、急遽近くのパソコン工房でPCを買う羽目になりました。


MD8210iCi7 TYPE-SR2

買ったのはこちら(OS無しとか3年保証とかカスタマイズ)ですね。

ですが、先週から、むちゃくちゃ調子が悪くなってしまったのです。
どういう症状かというと、「ディスプレイドライバーが応答を停止しましたが、正常に回復しました。」が連発。たまに回復しないで、そのまま画面ぐちゃぐちゃとか、もう仕事にならん・・・。

いろいろインターネットで調べたり、nVidiaのサイト行って最新ドライバ落としてインストールしてみたりしたけれど、相変わらず・・・という状況だったので、修理に出そうかなと、もう覚悟を決めてサポートセンターへ電話。
せっかく、環境出来たのに…。

そうすると、コールセンターのお兄ちゃんが、ドライバー入れ直してみましたか?とか、いろいろチェックポイントを教えてくれたのですが、だいたいやっている状況。微妙に操作があやふやなところがあるので(再起動のタイミングとか)、そのあたりを聞いたりして、最後に「VGAを外して、もう一度刺し、それでも駄目ならもう一度コールに電話してください」とのこと。

はぁ、って感じで、一応Windows操作系の奴は一通り試してみる。でも、改善せず…。

最後に、一応VGAの刺し直しをしてみる。(このとき、PCI-Eのツメが欠けてしまったことは内緒)で、再起動して確認すると…

あれ?直ってる???!!

おおよそ、Youtubeを見たり、PDFを見ると死んでしまっていたのに、ドライバが止まらないぞ!!

いったい、どういうことなのだろうか…。疲れるなぁ…。
まぁ、直ったのでいいや。

VGA刺し直しって馬鹿に出来ないですね。


dmatsu2005 at 10:54コメント(0)トラックバック(0) 
コンピュータ 

2010年12月09日

形のないものを売る

「忙しい」とは「心を亡くす」と書くんだよ、なんて話を思い浮かべてしまう12月をおくっておりますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。プログラマーという職業に就いているつもりではありますが、プログラムを組んでいるだけでは食べていけないもの事実ですが、心が病んでしまうので、いろいろな方に会っていただいて話をしながら暮らしている毎日だったりしております。

なんて、近況報告をしているつもりじゃないのですが、ここのところ連発して「形のないものを売る」という話になる機会がありまして、備忘録の意味も含めて、ブログにエントリしておこうと思ったわけです。このテーマについては、いろいろな視点から、面白いご意見をいただくことも多くて、分類してみようと思った、というのも一つのきっかけです。

1.「サービス」という商品として取り扱う場合の人的な問題関連
(1)人的な差異が商品としての品質に大きく左右する場合の人的管理(教育論を含む)
※主としてコンサルティング、カウンセリング系の話
(2)人的な差異の前に、そのサービスを提供するために必要な人員が集まらないという話
※主として介護施設や飲食・小売店の話
(3)いかに人手を介さずに効率的な商品提供をすることで限界利益を上げるかという話
※主としてITサービスの話

2.販売戦略関連
(1)新規客をどうやって見つけるか
(2)リピート客数を増やすのはどうするのか
※この2つは、どのテーマでも共通だけれども「店」がある場合と「店」が無い場合、エリアに縛られるものと、インターネットや郵送・宅配などで距離を感じさせないものなどによって、基本的に戦略が異なるのは誰でも分かること…。
(3)ホームページ(Webサイト)の設置が、どのような効果を及ぼすのか
※これは僕がIT屋だから、よく話題になるのかもしれませんね。

3.モチベーション関連
(1)食っていけない・なんとか食いつないでいる・もうすぐ倒れる、みたいな危機的状態からの脱出をどうやって図るか
(2)このサービスの良さを分かってもらえる人が少ない
(3)お金がもらえないときがある、あるいは、安くてツライことが多い
※第三者から見れば「どうして、その仕事やってんの?」って話なんですよ。その状況を乗り越えてでも達成したいことがあるのなら、頑張るべきですよね。

人に話をすることで、問題点が明確になったり、解決すべきポイントが見えてきたりします。僕は、紙に絵を描いたり、箇条書きをしていく手法もよく使いますが、そういうことをしていくと、ブレーンストーミングを一定の結論にもっていけますよね。

そういえば、最近、楽しく読ませてもらっているWeb小説で、ソリューションの提案におけるブレスト時の項目が書かれていました。この項目はすごくタメになるなぁ、と思ったので、引用して紹介します。

『胸を張れITモグラ』(釜田雅彦) | 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/tech/business/article/g=96958A9C93819499E3E1E2E09A8DE3E1E2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E1E2E7E0E2E3E2E0E6E4EA

こちらの小説の第29話に書かれていますが、

(1)案件名
(2)顧客は誰?
(3)顧客の利益は何?
(4)顧客の利益を確保できる価格はいくら?
(5)我々の商品は何?
(6)競合は誰?
(7)競合との差別化は何?
(8)納期はいつ?
(9)キーマンは誰?
(10)提案・営業・実現に必要な体制は何?

という提案ストーリーをみんなでブレストしながら共有化するというシーンが出てきます。本当に当たり前のことだけど、マーケティング用語でいうところの4P+4Cの組み合わせみたいな提案ストーリーが、やっぱりできていないと駄目だよね。
僕は、このほかに、顧客と提供側(いわゆる売り手)の関係度合に段階(レベル)を意識して、どのレベルの顧客は何を望んでいて、どういうアプローチをすることで更に深い段階に進めることが出来るか、というような観点でペルソナっぽい分析をするのが得意(というか好き)だったりします。

小説では、お客様に対しての提案で考える項目として書かれていますが、自分自身のビジネスに当てはめて考えてみるのも面白いですよね。セルフチェックに使ってみるといいかもしれません。ぼんやりと「今年の反省と来年の目標」を考えておりますが、もう一度、しっかりと見つめ直したい。

そのための時間を作るために、今日もまだ頑張らねば!!


dmatsu2005 at 19:11コメント(0)トラックバック(0) 
マーケティング | お仕事

2010年12月06日

Google ショッピングにやっと商品が載った

商品登録してから、いつになると承認されて、掲載してもらえるのかがわからないくらい時間のかかっていたGoogle ショッピング(登録はGoogle Merchant Center)。前回、記事を書いたのは、11/11のことでした。

Google Merchant Center | 止まらずに走れ!
http://blog.livedoor.jp/dmatsu2005/archives/51878680.html

やっと登録が確認できました。

粕漬ギフトセット」で検索してもいいですし、「ちゃんこ鍋セット4〜5人前」でも「イーサカナ.com」の商品が掲載されているのが確認できます。

ちょっと宣伝〜

ちゃんこ鍋セット

粕漬でのおススメは「メロ」の入っている「萩」「椿」「桐」。むちゃくちゃ旨いので、もうちょっとセットパターンを考えて、新しいおススメパックを作らないとなぁ…とか思ってます。
また、この時期は鍋セットが売れています。イーサカナ.comの鍋セットは野菜も一緒にセットされているから、材料を買い足す必要がないのがポイントです。ホームパーティーに使っても、お得感がありますよ。意外とお値打ちな価格になっています。(普通に材料を買ってみると、結構いい値段になりますからね)
で、一番人気は「ちゃんこ鍋セット」なんですよねぇ。「2〜3人前」もご用意していますので、ぜひ一度ご賞味ください。


dmatsu2005 at 16:17コメント(0)トラックバック(0) 
飲食 | 雑談

2010年12月05日

卓上カレンダーを買った

そういえば毎年いろいろなところからカレンダーをもらいますが、今年は何故だか卓上カレンダーが届かない…、というわけで、卓上カレンダーを買ってみました。
※あの、ちなみに、普通のカレンダーは私は使わないので、送らないでください。

Amazonオリジナル 2011年 カレンダー 卓上
Amazonオリジナル 2011年 カレンダー 卓上
クチコミを見る

Amazonオリジナル卓上カレンダーなんてものがあったのですね!
結構、Kindle版にしようか悩んだのですが、やっぱりAmazonボックス版が私には合っている気がするので、Amazonボックス版にしました。Kindle版はこちらです。

Amazonオリジナル 2011年 カレンダー 卓上 kindle version
Amazonオリジナル 2011年 カレンダー 卓上 kindle version
クチコミを見る

こっちもかっこいいですよね。

動物の絵といえば、O'Reillyの本を思い出してしまうのが、ITプログラマーの性なのかもしれませんが、そういえば、と思って、サイトをのぞいてみると、

O'Reilly-Cal2011

おお!やっぱり!

オライリーのWebサイトで書籍を購入するともらえるということなので、何か買おうかな…。もう卓上カレンダー頼んじゃったんだけどな…

プログラマが知るべき97のこと
プログラマが知るべき97のこと
クチコミを見る

この本が気になっていたりするので、Amazonじゃなくてオライリーで買おうかなぁ。


dmatsu2005 at 22:45コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月01日

群馬でradikoが聴けるようになった

そうだ、そういえばこの前Twitterで教えてもらっていたんだ、「12月から群馬でもradikoが聴けるようになる」って、ってさっき思い出し。

radikoのサイトに行ってみました。

radiko.jp

わーい、見られる見られる!!
これまで、「あなたはエリア外です」とかいう冷たい表示だけだったのですが。

早速、ニッポン放送でもかけてみると、はんにゃのオールナイトニッポンをやっていますね。うーん、新鮮。しばらく聴いてなかったなぁ、オールナイトニッポン。

で、iPhoneでも聴けるかなぁ・・・と思ったのですが、僕のiPhone(3GS)では、「プレイリストの読み込みに失敗しました。」というエラーメッセージが出て、聴けません・・・。なぜなんだろう・・・。

ま、さておき、ホントに変な縛りを付けないで、ラジオがどんどんインターネットで聴けるようになると嬉しいですね。変な縛りがあるのが問題だと思うのですよ。でも、こうやってインターネット化することで、ラジオ局のビジネスモデルが進化するのかどうか、というのも興味があります。でも、普通に考えて、聴く人が増えるから、マイナスは無いように感じますね。TVだと「ながら仕事」「ながら勉強」が難しいのかもしれないけれど、ラジオだと「ながら○○」がやりやすいのいいですね。

先日発見したのですが、僕は「ラジオを付けておくとプログラムがはかどる」という特質があるようです。CDじゃ駄目だったんですよね。ただ、集中しているときはラジオで何をやっていたのか、何も覚えてませんが、何かしら音があるといいってことなんだろうな、と。
ただ、好きな曲ばかりのCDだと、結局、そっちに集中してしまって仕事がはかどらないわけでして。で、海外ラジオ局とかいいかなぁ、と思ったのですが、インターネットラジオは音楽オンリーチャンネルばっかりで、それも今ひとつ。

そんなわけで、iTunesでPodcastとか流して仕事してました。ただ、すぐ終わっちゃうので操作が面倒くさかったのですよね。英語の勉強Podcastとかも流してみましたが、あんまり身には付いていない気がするなw

友人たちがFM桐生に入り浸っていますけれども、ローカル局も面白いですよね。そういう意味ではFM前橋には期待しているのだけどなぁ。どうなるのだろう、FM前橋。エロ番組やりたいね。「ミッドナイトかわら版」のラジオ版みたいな奴ww。僕にやらせてくれたら前橋の男子中高生の聴取率MAXを目指すぜ!

dmatsu2005 at 01:45コメント(2)トラックバック(0) 
雑談 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍