2011年04月

2011年04月28日

またまた美人時計の余白消しなわけだが・・・

みなさん、ごめんなさい。
美人時計の余白を消すスクリプト、変更しないとIEでまともに動きませんでした。すいません。

というわけで、
<script type="text/javascript">
// 美人時計の白い部分を消すJavascript
var remove_whitespace = function (e) {
    var _this = e.target ? this : e.srcElement;
    _this.style.height="";
};
var iframes = document.getElementsByTagName("iframe");
for (var i = 0; i < iframes.length; i++) {
    if (iframes[i].src.indexOf("url=http%3A%2F%2Fbijint.com",0) >= 0) {
        if(iframes[i].addEventListener) {
            iframes[i].addEventListener("load", remove_whitespace, false);
        } else if(iframes[i].attachEvent) {
            iframes[i].attachEvent("onload", remove_whitespace);
        } else {
            remove_whitespace();
        }
    }
}
</script>
こちらで動作確認を取りました。美人時計のパーツの下に貼ってご利用ください。ずいぶんと時間が経ってしまったのも申し訳ない。なかなか時間が取れなくて。
また、動かなかったらコメントくださいませ。

dmatsu2005 at 00:22コメント(3)トラックバック(0) 
テクニック 

2011年04月11日

Wordpressネタ: Image Widget Plugin で SSL対応する。

自分用の覚書きの意味も含めて、WordpressでImage Widget プラグインを使っていますが、SSL対応してくれないので、自分で変更したことところをメモしておきます。

WordpressのSSL対応については、それまで使っていたプラグインが3.1から使えなくなってしまったので、Wordpress HTTPSというものを使い始めました。

したがって再現環境は、
  • Wordpress 3.1
  • Image Widget 3.2.5
  • Wordpress HTTPS 1.8.5
となります。

これで、Image Widgetでサイドバーにイメージバナーリンクなどを貼っていると、SSLページにおいて、<img>タグのsrcに吐き出すURLがhttp:で始まったままになっており、セキュリティエラーになってしまったりします。
そこで、/wp-content/plugins/image-widget/views/widget.phpの中身で次の赤字を書き加えます。
4: if ( !empty( $image ) ) {
5:     if ( $link ) {
6:         echo '<a class="'.$this->widget_options['classname'].'-image-link" href="'.$link.'" target="'.$linktarget.'">';
7:     }
8:     if(is_ssl()) {
9:        $imageurl = preg_replace('/^http:/', 'https:', $imageurl);
10:    }

11:    if ( $imageurl ) {
12:        echo "<img src=\"{$imageurl}\" style=\"";
これで、SSL設定されているページでは、https:に置換されて表示されます。


dmatsu2005 at 08:40コメント(0)トラックバック(0) 
Wordpress 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍