2012年01月

2012年01月01日

「壬辰(みずのえたつ)」の意味

2012年、あけましておめでとうございます。

昨年の日本は、東日本大震災という大変大きな災害を体験し、未だその復旧・復興に追われています。加えて、この震災によって発生した津波によって引き起こされた原発のメルトダウン事故は、復旧の目処すら見えてこない状況のままです。そして、今回の震災によってハッキリとしたことは、この国の政府は残念ながら危機対応能力に欠け、また、希望的観測を一方的に伝える真実味を感じさせない大本営発表だけで、「現実から目をそらし、ただ今が過ぎればいい」という人たちばかりで構成されていることが分かりました。だからといって、ただ悲観的になるのではなくて、政治を単に傍観しているのではなくて、積極的に関わっていかなければならないと感じた一年でした。
それは、別に僕が政治家を目指すとか、政治運動をやっていくというわけではなくて、政治的なスタンスを明確にして、自分自身の意見を曖昧にしておくべきではない、という認識です。

現時点での僕の意見は
  • いくらなんでも現政権を維持してはいけない。現状の政策が自分の意見とマッチしていようとも、いくらなんでも民主党が政権を取ったときの公約と正反対な政策ばかり。すみやかに衆議院は解散し、再度国民の信託を受けるべきである。これは「予算の成立が先」とか、そういう言い訳を許すべきではない。どちらにせよ、国債を発行しまくって工夫もなくただ歳出の増えている予算なんて誰にでもできるので、官僚に暫定的にやらせておけばいい。
  • 財政の立て直しを急務にすべき。それは消費税率アップという次元ではなくて、増税と歳出カットを同時に行うことで、どの程度生活に支障が出るか、国民全体が痛みを感じられるだけの極端さも必要だと感じている。その中でハングリーな精神を持つ人間が生まれ出て、社会を引っ張り上げることを期待すべきで、法規制などの撤廃をすすめ、無駄な政府による干渉を無くさせる。
  • 個別政策になるのかもしれないが、原発から漏れ出た放射能は、福島の人には申し訳ないが、原発周辺に数十年間封じ込める法整備が必要だ。地方公共団体は瓦礫を受け入れる宣言をしている場合ではなく、私有地を接収する代わりに代替地を別に用意する宣言をした方が良い。

です。


さて、本題は今年は「壬辰(みずのえたつ)」の年ということ。昨年は「辛卯(かのとう)」という年で、SBIの北尾さんが新年のブログで地震に注意と書いて予言したということが話題になったりもしましたね。


僕も卯年でしたので、新年の抱負を書いてみましたが、目標が達成できない厳しい年でありました。

今年も早速引いたおみくじが「凶」だし。生まれて初めて引きました。早速不安な幕開けですが、毎年の恒例行事のごとく、「大吉」が引けるまで初詣神社巡りを開始します。


おみくじ凶


どんどん、話がずれてしまう。


まず「壬」は十干において「妊む」に通じていて「植物の内部に種子ができた状態」です。そして「辰」は十二支で「草木の形が整った状態」です。

ここからどう読み取るかという話ですが、女性が妊娠したけどまだ気づいていない状態、と捉えることにしました。今年はいろいろなことにチャレンジしておくことで将来に芽吹く種を作れると考えて、新規事業や新しい取組みを中心に頑張ってみたいと思います。


今まで苦手だと思っていたこととか、ずっとやりたかったけど手が出せていなかったことなど、いろいろ思い当たるものはあるわけで、なるべく楽しんで仕事が出来る一年にしたいですね。


もっとも、今年の抱負は「睡眠時間を多く取る」にしました。身体壊すと元も子も無いので、「ちゃんと寝る」を目標にします(笑)



dmatsu2005 at 13:36コメント(0)トラックバック(0) 
雑談 | ニュース
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍