2014年04月

2014年04月30日

トランヴェール5月号

JR東日本の新幹線にはトランヴェールという月刊誌がポケットに入っていて、僕は結構毎月楽しみに読んでる。

そういえば、某家電量販店に勤めてから、全国に出張するようになってから、おそらく一月の間に新幹線に乗らなかったことは無かったように思えるので、辞めてからもほぼ毎月東京には仕事で来てることを考えると、もう10年間以上は読み続けてる雑誌だ。
なかなか旅行ってものには行かない方なので、この雑誌を読んで、色々思いを馳せる。旅行そのものは嫌いではなくて、特に今は萩原浩さんが書いているが、巻頭エッセイは素晴らしいと思っていて、もし、将来こういうエッセイが書けるようになりたい、とも思うくらい。

それでも、今までトランヴェールのことをブログに書いたことはないけれど、今月は書きたくなるほど、面白い。

特集は会津若松なんだけど、テーマが手塚治虫なんだよね。漫画好きとしては、やはりおさえておかねばならない巨匠中の巨匠。本文も「存命中からマンガの神様と呼ばれ」と書き始めているが、やっぱり読み込むと、確かに神様だなあと思いますよね。たかが、僕クラスの仕事量で、疲れたとか言っちゃいけないですね。毎日、締め切りに追われる感覚は恐ろしいことだけど、それだけアウトプットできるということはスゴイことです。

というわけで、是非、JR東日本の新幹線に今月乗る方はお読みください。ただ、「ご自由にお持ち帰りください」って雑誌だから、早めになくなっちゃうかもよ。
僕も今月号はもらって帰ります。

2014-04-30-12-50-08

dmatsu2005 at 12:51コメント(0)トラックバック(0) 
乗り物 | マンガ

2014年04月26日

何度も「いつまでWindowsXPを使ってても大丈夫?」って質問されるので僕の回答を。

ボロボロの財布を使ってたりすると「お金貯まらないよ」とか言われません?

同じですよ。

いつまでもWindowsXPとか使ってるのは「仕事できるように見えないよ」って言ってあげます。

そして、「なんとかWindowsXPを継続して使いたいけれど、 どうすればいいの?」っておっしゃる方へ。

「知りません」

WindowsXPから、Windows7や8へ移行するのを手伝ってほしいとか、そういう依頼なら受けますが、XPを継続して使いたいという依頼は受け付けておりません。

「お金無いからなんとかして」と言われても、古い車に乗りつづけるのは、とっても維持費がかかることをご存じないのでしょうか? お金無いなら、猶更、新しいOSに変えてください。

冷たいようですが、とても的確なアドバイスだと自負しているのですが、なんか間違ってますかね。

dmatsu2005 at 11:30コメント(0)トラックバック(0) 
コンピュータ 

2014年04月25日

日清食品「トムヤムクンラーメン一時販売休止」と「カレーメシ」が見つけられない件

4/22に日清食品から『「カップヌードル トムヤムクンヌードル」一時販売休止のお知らせ』というニュースリリースがありました。

http://www.nissin.com/jp/news/3455
日清食品株式会社は、2014年4月14日に発売した「カップヌードル トムヤムクンヌードル」につきまして、当初の販売計画を大幅に上回り、十分な供給量を確保できない状況となったため、当該商品の販売を一時休止 (当社出荷停止) させていただくこととなりました。
今後は十分な供給体制を確立した上で、できるだけ早い機会に販売を再開できるよう、鋭意努力してまいる所存です。
お客様やお取引先様ならびに関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
新製品が出てしまうとつい買ってしまう私としては、既に買って、食べてありまして、美味しかったので、もう一度買っておくところまではできたのですが、まさか、そこまで人気が出るとは思わず、1食しか買ってないので、この1食をいつ食べようか思案に暮れているところです。
蓋の裏に「CUP NOODLES」と「CUP NOODLE」と違いがあるのは何故ですか?的な豆知識コラムが書かれていたことを思い出すと、牧歌的なのんきさを感じずにはいられません。

で、

それとは逆なのかどうなのか、わかりませんが、最近は「カレーメシ」にハマっていたのです。

『トマト味が加わった日清の「カレーメシ」4種類を食べ比べてみました』
http://gigazine.net/news/20140408-curry-meshi/

トマトカレーメシ

一番うまいのは「トマトカレーメシ」だと思うのですが、もちろん、中辛もうまかったです。
で、何が言いたいかというと、「辛口」と「大辛」、最初だけしか見かけなくて、売ってるところが見つからなくなってしまいました…。特に愛用のセブンイレブンでは、全撤去状態で…。

美味いと思うんだけど、ぐちゃぐちゃカレーは、みんな嫌いなんだなー。2chとかだと評価ズタボロだし。でも、食べてないだろ、と思うんだよね、書いてる奴。美味いよ、これ。見かけたら食べて!
で、インターネットで箱買いしてやろうかと思っています。会社に箱おいといて、少しずつみんなを洗脳していこうかな。でも匂いがすごいので、非難されてしまうかもしれない諸刃の剣なんだよなぁ、これ。

アフィリンクを貼っておこう↓↓↓

日清トマトカレーメシ  1箱(6個入り)

日清トマトカレーメシ  1箱(6個入り)
価格:1,101円(税込、送料別)




dmatsu2005 at 11:30コメント(0)トラックバック(0) 
飲食 | セブンイレブン

2014年04月24日

E7系に乗って、久し振りに飛行機じゃなくて新幹線で出張したいと思うようになった

東京から群馬に戻るときは、おおよそ新幹線を使うわけですが、「上越新幹線」か「長野新幹線」の2つの選択肢があります。僕は高崎駅で乗り降りしますから、ハッキリ言って、どちらでも構わないので、すぐ乗れる方に乗っていくのが普通なのですが、最近は「長野新幹線」の「あさま」に乗りたくて仕方がないのです。

それは何故か、といえば、「E7系」の新幹線がすばらしいからですね。
http://www.jreast-shinkansen.com/e7.index.html

普通席でも全席にAC電源が1つずつ用意されています。
写真 2014-04-04 13 07 13

そして、意外に素晴らしいと感じたのはドリンクホルダーです。
写真 2014-04-04 13 14 24

なんか、バスみたいですが、ペットボトル買ったときなどはPCを使いたいときなどには意外に邪魔だったんですよね。これがドリンクホルダーに収納できるのはいい!

テーブルを出してノートPCを使いながら充電も出来るし、バッチリ。出張帰りに携帯の電池も終わりかけ担っていることが多いので、非常に嬉しいです。
あとはWifiが使えるようになって欲しいなぁ。なぜ、Wifiは東海道新幹線だけ(しかも東京〜新大阪間だけ)なのだろうか?

で、先ほどのサイトからムービーとかみていると「グランクラス」に乗りたくなるわけで、飛行機じゃなくて新幹線で出張したい、とか思ったわけです。普段は飛行機が好きなので、飛行機が使えるルートは飛行機を使うのですけれども、今は青森とか仙台の仕事があったら新幹線で行きたいです。長野までだと短すぎて…。

どなたか、東北の仕事ください。交通費は普通席の料金で良いです。グランクラス分は自分で出します。


dmatsu2005 at 11:30コメント(2)トラックバック(0) 
乗り物 

2014年04月23日

具たっぷりツナマヨネーズ

セブンイレブンと共に生きていると自負しても構わない私としては、セブンイレブンの「おにぎり」について語らずにはいられないことが起きたのだ。

それは、もう販売されて半月くらいたつかもしれないけれど、ツナマヨが進化して「具たっぷりツナマヨネーズ」に変わったこと。
写真 2014-04-04 16 49 35
 
セブンイレブン公式サイト(http://www.sej.co.jp/products/onigiri.html)では、
コクのあるマヨネーズとツナを合わせ中具の量を従来の約1.5倍に増量し、具材の味わいをしっかりと楽しめるおにぎりです。隠し味にたまり醤油を使い、御飯の進む味わいに仕上げました。
とあるが、 確かに、具がかなりの分量になっている。

実は、家でも良くおにぎりを作るのだが、中心に具を入れるおにぎりを作るのは少なく、混ぜご飯スタイルのおにぎりばかりだ。それは握るのが簡単だから、ということなのだが、逆に言えば、中心に具を入れるスタイルのおにぎりがうまく握れないからとも言える。
ツナマヨは自宅でも好きな具なので、作りたいと思うわけだけれども、ここまで具材が沢山入るタイプは、とても作りづらい。そういう意味で、ここまでの満足感のある容量のツナマヨは、もう買ってくるしかない気がするのだ。自分で作るとはみ出してしまってうまくいかない分量である。

誰か、僕にうまく作る方法を教えてください。オニギリ型はもっています。 

dmatsu2005 at 12:02コメント(0)トラックバック(0) 
セブンイレブン 

労働生産性を上げるべきであって、労働時間を延ばすべきではない

ホワイトカラーエグゼンプションの話がまたニュースに上ってきているけれど、収入がいくらであろうが、まぁそれはおいといて、1日の労働時間が8時間というのが一つの目安だけれど、その8時間にどれだけ集中して労働生産性を上げるか、ということに、労使ともに知恵を出し合って、1秒当たり1円でも多くの付加価値を増加できるようにしないといけない(1秒1円って時給当たり3600円の付加価値増だよ。できないと給料は上がらないよ)、と僕は確信していて、労働時間を増やしても法律違反にならないという制度問題ではないと考えている。
付加価値が増加できないからって、労働時間を延ばしても、付加価値時間が間延びするだけで、それこそ労使ともにいいことがない。もちろん、集中して仕事を仕切って、あとで休むっていう働き方がいい、っていう人や職種があることは否定しない。でもそういう人は、あとでまとめて休むんでしょ?多様な人が働く組織として目指すべきは、単位時間当たりの生産性を上げることであって、勤務時間を延ばすことじゃない。
改めて書くけれど、どうやったら8時間を最大限活用して生産性を上げられるか。労使共に、そこにだけ頭を使ってほしい。8時間で仕事が終わらないのならば(もちろん、8時間ってのが目安なだけで、もしかすると10時間くらいが適切な職種もあるのかもしれないけれど)、ひとりで出来る限界点はどこなのか(スキルアップすれば出来うる仕事量)を見極めて、あとは設備を改善すべきなのか、人手を増やすべきなのか、しかないわけだから。それで人手が増やせれば雇用が生まれるし、設備が増えるのであれば景気が良くなることにつながるわけですよ。
無理して頑張ることにはいいことがありません。


dmatsu2005 at 00:10コメント(0)トラックバック(0) 
お仕事 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍