2007年08月18日

病気と周りの人の気持ち


祖母のお見舞いに行ってきました。なかなか行けないので、前橋にいて時間がある時にはお見舞いに行くようにはしているのですが、いつも見ているわけではないので、今日は調子がいいみたいとリハビリにきた技師さんに言われても分からないのが、よく分からないのがツライですね。
体調は安定しているみたいなので、完全に元通りになるという甘い考えはありませんが、ゆっくり治して、親戚と一緒にみていこうと思っています。

ただ、今回の祖母の入院で、自分の人生観に変化がありました。病気は積極的に治していこうと本人が思わないと、周りの人間の気持ちが揃わないということ。そして、周りの人間は、精神的に追い詰められてしまいやすいこと。なんとなく、知っていたつもりになっていましたが、実感してはじめてわかりました。

ただ、今は、祖母が回復してくれることだけを祈る、というより、期待する、そんな気持ちです。



dmatsu2005 at 22:29コメント(0)トラックバック(0) 
雑談 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール

アロハ

痩せないと死ぬよっていう宣告を受けてしまったので、ダイエットに目覚めたプログラマー(約95kg)

広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オススメの書籍