2008年06月13日

情けは人のためならず

昨晩、友人から「漠然とした将来に対する不安」といった形の相談を受けた。とはいっても、あまりに漠然としているわけではなく、今度、彼は転勤するのだが、新しい職場の顔合わせ的なミーティングにおいて「先行きが思いやられる」といった相談だった。

箇条書きすると、次のような相談である。
  • 自分がこれまでに社内で築いた人脈と、新しい職場での上司が完全に対立してしまっていて、人脈を活用することは活用するけれど、積極的な支援が受けられそうにない。
  • 上司である2人のうち、1人は頼りなく感じており、1人は空回りしている。
  • 自分の担当するべき業務のほかにも様々な仕事が振られており、プレッシャーに負けそうだ。
  • もっと上の上司が言っていることが素直に納得できず、現場のことを考えてもらえていない。
色々と話をしていくと、結局のところ、保身(自己防衛とも考えられる)のためには、自分の仕事以外には口を出さず、与えられた職務を遂行するだけに専念したいという気持ちがあるようだ。

僕が信じる仕事の進め方は、「正しいと思ったことはやり通す。」ということであり、上司がしっかりしていないならば、上司の秘書になったつもりでフォローして、操縦するべきだと。こういうことを言っていると、彼に限らず、それに見合った報酬が得られていない、という話を持ち出されることが多いです。なぜ、自分が上司の分まで仕事をしているのに、上司よりも給料が安いのか、と。
そうなると、与えられた範囲内での仕事に集中して、他のことには口を出さず、穏便に(目立たず、騒がず)過ごしたい。報酬以上の仕事はしたくない。ということになってきます。それはある意味正論なのかもしれないけれど、「考えが浅い」としか言わざるを得ません。

ちょうど、livedoorのTOPページに今日のブロガーとして、大西 宏さんのマーケティング・エッセンスが取り上げられていました。その一昨日の記事「報連相の効用」の中に、イニシアティブについての話がありました。上司とのコミュニケーションの強化で、イニシアティブを取る行動を進め、さらに言えば、「素敵にだまして」、さも自分(上司)が思いついたかのように、上司から業務指示を取りつけていく。僕は、こういった手法で自分の正しいと思った道を進んでいくことこそが、仕事をする醍醐味であろうと考えているわけです。

報酬に関しては、複数の考えを総合するべきだと思うのです。

会社は、個々の社員の過去実績や上司の評価、他者・他社との比較を総合するして報酬を決めるしかないわけで、もちろん先行投資にもなるような破格の条件を用意する場合もあるでしょうが、それはその後の業績によって見直しを図っていかなければならないことは、どちらにしても当然でしょう。
そして、安い給料でそれ以上の働きをしてくれる社員がいるからこそ、利益をより上げることができるわけで、その状態を維持したいという営利目的会社が本能的に持つ性質があります。
しかしながら、その状態を継続して維持するわけにはいかないのです。なぜなら、ポストは定年制度他の要因により空席が生じ、新たに誰かを据えなければならない状況が訪れます。そういったときには、これまで安い給料でそれ以上の働きをしてくれた社員に、そのポストを与え、報酬を増やすことになります。また、そういったポストが用意できない場合には、優秀な社員は他社に行ってしまうのが世の常です。

そこで、ポストの空席が生じたときに、安い給料でそれ以上の働きをしていることを、どうやってアピールしてきたか、ということが報酬を上げるために重要な戦略であるはずです。それは上司とのコミュニケーションを深め、「あいつに任せればうまくいく」という信頼関係の構築が不可欠であるはずです。単に、個人の実力で実績を上げているだけでは認められません。また、同時に他部署の人間との関係構築も重要です。他者から、新しいポストには、彼が最適だ、と思ってもらえなければ、その後の協力も得られません。

それは、自分に与えられた職務だけをこなす、という態度ではダメだと思うのです。存在感を示さなければならない。それはまた誤解を生んで、部下や取引先をどなってみたり、勢いだけで突っ走ってしまったり、そういう奴もいますけれど、それでは信頼関係を築くことはできない。他者が困っている部分を積極的に改善してあげること。他者の実績になることを進んで助けてあげること。そういったことで信頼関係を築かなければなりません。

情けは人のためならず、とはよく言ったもの。

相談してきた友人には、全てを伝えきれなかったかもしれません。僕もこうやってBlogに書いたりすることで、自分の考えに整理がついて、説明できるようになるわけで、もう一度、呼んで話をしてみようかな、と思っています。


dmatsu2005 at 13:40コメント(1)トラックバック(0) 
お仕事 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by のぶ山   2008年06月13日 15:56
僕にとっても、特別な意味をもつ言葉です。

ここで多くは書きませんが。。。(笑)

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール

アロハ

痩せないと死ぬよっていう宣告を受けてしまったので、ダイエットに目覚めたプログラマー(約95kg)

広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オススメの書籍