2008年06月27日

めげない くじけない あきらめない

以前、自分に課していたキーワードが「めげない くじけない あきらめない」でした。何で、そんなことを言い始めたかといえば、今日、その言葉を使う時があったから、ふと思い出してしまいました。

国語辞典(Yahoo! 辞書; 大辞泉)で調べてみました。

「めげる」・・・気力が失われる。負ける。ひるむ。
「くじける」・・・勢いや意欲がそがれる。
「あきらめる」・・・もう希望や見込みがないと思ってやめる。断念する。

その反対ですから、

めげない」・・・気力を失わず、負けず、ひるまず、
くじけない」・・・勢いや意欲を失わず、
あきらめない」・・・希望や見込みがあると思って進め、断念しない。

ということでしょうか。

微妙なニュアンスで、違いが見出すのが難しいですけれども、自分の中では、

めげない
様々なトラブルや事件、降ってわいた災難のようなことが起こることがありますが、その都度、一喜一憂するようなことはやめて、どんと構えていないといけない

くじけない
上記の「めげない」の説明のようなことが起こることが継続しているときに、その場・その時で発生するよりも、後から一気に感情が侵されるような場合に、心を強く持たなければならない

あきらめない
自分の夢や目標が叶わないと思うのではなく、常にポジティブに考えて、必ず夢は叶い、目標は達成する、と考える、さらに言えば、「夢は叶わせる」ために見て、「目標は達成させる」ために置いている、というような強い気持ちを持たなければならない

というような戒めをもって、日々生きていく、という内容であると認識しています。

先日、沼田青年会議所様の講演会に出席させていただく機会をいただきまして、喜田寛先生の「話す力で夢は叶う」を拝聴させていただきました。スピーチトレーニングの一環だったようですが、僕としては日々の生き方に関わる啓発的な講演だったとの感想をもっております。

「感謝の気持ちを忘れない」
「初心を忘れない」
「仲良くなるために、相手の目を見て、挨拶する」

とっても当たり前のことですが、改めて反省することしきり。天狗になりかけている自分を戒めていただく、とてもいい機会になりました。誘っていただいて本当にありがとうございます。>のぶ山さん
一緒に行った同僚と、しっかりと今回の講演内容を伝えて、会社の改善活動につなげていかなければならないね、という話をしながら帰り道の車の中で相談し、さっそく報告書を全員にメールさせていただいています。

話が飛んでしまったかも知れませんけれど、実はこの講演の中でも「こうなりたいと強く念い(おもい)続ければ、必ずそのとおりになる」といった話に触れられていました。

あきらめない」というキーワードにもつながるのですが、実は講演を聞いていた時にはつながらず、今日、「めげない くじけない あきらめない」という話をしているときに、脳内のシナプスがバチバチッとつながる感じがしました。

そんなわけで、改めて自分のキーワードとして、この「めげない くじけない あきらめない」を設定して、仕事に臨んでいこうと思います。



dmatsu2005 at 20:44コメント(1)トラックバック(0) 
雑談 | お仕事

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by のぶ山   2008年06月30日 16:13
5 先日は、お忙しい中ありがとうございました。

私も同じ気持ちで頑張ります!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール

アロハ

痩せないと死ぬよっていう宣告を受けてしまったので、ダイエットに目覚めたプログラマー(約95kg)

広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オススメの書籍