2009年09月11日

南アのニュースでRFC1149を思い出す

REUTERS|南アの通信会社、データ伝送の速度で伝書鳩に敗北http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-11438220090910
生後11カ月の鳩「ウィンストン」は、ピーターマリッツバーグ近郊にあるオフィスからダーバンまでの80キロを1時間8分で飛び、データをダウンロードする時間を含めても2時間6分57秒だった。
一方、テルコムを使った伝送では、この間にデータの4%しか送ることができなかった。
笑ってしまった。インターネットの昔話を知っている人ならば、エイプリルフールネタのRFC1149を思い出さないか?

Wikipedia|鳥類キャリアによるIP
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E9%A1%9E%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8BIP


お、もう、このニュースのことが書かれているね。

確かにSDカードなどの小さい大容量メディアができたので、一気に転送するデータ量を増やすことが出来るようになったから、

ping

では役立たずかもしれないけれど、

FTP

に対しては実用上優位に立つかもしれない「伝書鳩」。レガシーな通信手段の見直しが図られるのか!?

なんて、通信手段という話で思い出したけれど、国民新党が連立政権に入ることで郵政民営化の見直しを行うことが加速化する、とかニュースで報じられていたけれど、何言ってんの?って感じ。

サービスが低下したとか、ずっと騒いでいるのだけど、さっぱり分からない。本当にサービスが低下したの?昔から何も変わっていない気がするけれど。逆に、銀行振込で他行からゆうちょ銀行に振り込めるようになったという大きなプラスがあったことしか思いつきません。

誰か、教えてください。「近くの郵便局が閉鎖した」以外のサービス低下を。もし、郵便制度を公的に復活させるのであれば、赤字になるような過疎エリアの郵便局なんていう「場所」を用意する必要はなく、合同庁舎として「警察(交番?)」と「役所」と「郵便局」は同じ場所で、同じ窓口人員でやれば十分です。

更に言えば、僕は、インターネット時代だから、それこそ、サラ金の無人契約機のような、双方向TVカメラ端末をおいて、書類が読める書画カメラを内蔵するという仕組みを、地方に置いた方がいいと思う。ATM機能だって持たせることが出来るし。専門的な人員が必要だ、とか、いろいろ言い訳を言うけれど、これならば、専門的な人員を集中的に管理できるので、窓口人員のコストを集約できます。


dmatsu2005 at 12:24コメント(0)トラックバック(0) 
ニュース | コンピュータ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール

アロハ

痩せないと死ぬよっていう宣告を受けてしまったので、ダイエットに目覚めたプログラマー(約95kg)

広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オススメの書籍