2010年05月09日

アリス・イン・ワンダーランド

面白いという評判を結構聞きまして、観ておこうと思ったのが最大の理由ではありますが、観てきました>「アリス・イン・ワンダーランド」。

いや、つまらなかった、というわけじゃないですよ。面白かったです。すげー最高!!ってほどではなかったのは事実ですが、アリスの世界観がわかっていれば、さらに楽しめる内容だと思うので、ぜひ「不思議な国のアリス」と「鏡の国のアリス」を復習してから行ったらどうか、と思いますよ。

不思議の国のアリス (岩波少年文庫 (047))不思議の国のアリス (岩波少年文庫 (047))
著者:ルイス・キャロル
販売元:岩波書店
発売日:2000-06
おすすめ度:3.5
クチコミを見る
鏡の国のアリス (岩波少年文庫)鏡の国のアリス (岩波少年文庫)
著者:ルイス キャロル
販売元:岩波書店
発売日:2000-11
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

なんつーかな、映画の感想的な話をすると、「白の女王」ってのが良い人の役なわけなんだけど、好きになれない女だなぁって感じたのです。少なくとも、僕は嫌いな方に分類される女・・・。
だから、「赤の女王」の方がかわいそうな感じといいますか。ま、勧善懲悪って大切だと思うので、こういうストレートな話も大切なんでしょうけどね。

でもはっきり言います。3D版かどうかは、あんまり意味ないかと。2Dでも十分楽しめると思います。それだけは断言しておきます。

dmatsu2005 at 22:47コメント(0)トラックバック(0) 
映画 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール

アロハ

痩せないと死ぬよっていう宣告を受けてしまったので、ダイエットに目覚めたプログラマー(約95kg)

広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オススメの書籍