2010年12月10日

「ディスプレイドライバーが応答を停止しましたが、正常に回復しました。」攻撃を回避できた

先月いきなり自宅のPCがお亡くなりになって、急遽近くのパソコン工房でPCを買う羽目になりました。


MD8210iCi7 TYPE-SR2

買ったのはこちら(OS無しとか3年保証とかカスタマイズ)ですね。

ですが、先週から、むちゃくちゃ調子が悪くなってしまったのです。
どういう症状かというと、「ディスプレイドライバーが応答を停止しましたが、正常に回復しました。」が連発。たまに回復しないで、そのまま画面ぐちゃぐちゃとか、もう仕事にならん・・・。

いろいろインターネットで調べたり、nVidiaのサイト行って最新ドライバ落としてインストールしてみたりしたけれど、相変わらず・・・という状況だったので、修理に出そうかなと、もう覚悟を決めてサポートセンターへ電話。
せっかく、環境出来たのに…。

そうすると、コールセンターのお兄ちゃんが、ドライバー入れ直してみましたか?とか、いろいろチェックポイントを教えてくれたのですが、だいたいやっている状況。微妙に操作があやふやなところがあるので(再起動のタイミングとか)、そのあたりを聞いたりして、最後に「VGAを外して、もう一度刺し、それでも駄目ならもう一度コールに電話してください」とのこと。

はぁ、って感じで、一応Windows操作系の奴は一通り試してみる。でも、改善せず…。

最後に、一応VGAの刺し直しをしてみる。(このとき、PCI-Eのツメが欠けてしまったことは内緒)で、再起動して確認すると…

あれ?直ってる???!!

おおよそ、Youtubeを見たり、PDFを見ると死んでしまっていたのに、ドライバが止まらないぞ!!

いったい、どういうことなのだろうか…。疲れるなぁ…。
まぁ、直ったのでいいや。

VGA刺し直しって馬鹿に出来ないですね。


dmatsu2005 at 10:54コメント(0)トラックバック(0) 
コンピュータ 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍