2011年05月14日

携帯におけるメールアプリの重要性

Android端末をいろいろいじってはいたものの、実際に自分がDoCoMoで使っているメイン機種を遂にスマートフォンにしてしまおうか、ということでMEDIAS(N-04C)にしたのは先月のことだったかと思います。
1ヵ月経ってみて、MEDIAS自体のレビューをしてみる、というつもりもあったのだけども、Android携帯がいかにiPhoneに追いついていないかという単なる批判になってしまいそうな感想しか持っていないわけで、正直、ちょっと呆れているわけですよ。
ただ、ソフトバンクの電波エリアが本当に貧弱で、そこら中で電話がつながらないし、DoCoMoならではのメリットもあるわけで、僕の場合、本当に2台持ちしか選択肢が無いのでは?と思うような状況が続いてる。

どういうことかというと、
  • 普段はiPhoneをメインで使っている。
  • ノートPCを出先で使うときはUQ WIMAXのモバイルルータ経由
  • でもWIMAXも使えないときはMEDIASでテザリング←ノートPC
という感じ。

この他にもiPadも持ち歩いているから、通常4回線もつながっているわけだ。アホだね、自分。回線整理したいっす。本当だったら、iPadは回線解約したいけど、あと1年間は分割払いしないといけないので、解約金を一括払いすべきかどうか悩む。あとでシミュレーションしてみようかな。

あ、また話が脱線してしまった。

で、MEDIASというよりもDoCoMoの問題なんだけども、その不満をぜひともブログに書いておこうと思っているのだ。それは2点ある。
  1. SPモードメールのアプリの品質がこの上なく最悪。
  2. おサイフケータイ対応とか言ってる癖に、いつまで経ってもモバイルSuicaに対応してくれない。
特に1番のSPモードメールのアプリの品質については、ちょっと信じられないほど出来が悪い。何でそんなことになってしまったのか分からないが、開発側に批判すれば、よくこの状態で納品したな、と思うほどの出来の悪さだし、DoCoMo側を批判すれば、よくこの状態で受領したな、と思う。担当者はホントに使っているのか?

iモードが発売される前からDoCoMoの携帯を使ってきた自分としては、初期モデルの頃と比較しても、メールアプリとしての品質は最低だと思う。そして、その上で改めて実感したのは、携帯におけるメールアプリの重要性。メールアプリが使いづらいと、その機種そのものを投げて捨ててしまいたくなる。
実際、DoCoMoで電話するのもおっくうで、iPhoneだけしか要らないかな、と思い始めているくらい。(しかしソフトバンク電波の問題から、テザリング用に残さねばならないという悲しさ)
せっかくフリック入力ができるということでMEDIASを買ったのだけど、ここまでダメなメールアプリのせいで、使いたくないという気持ちにさせられてしまう自分。

お願いだから、もっと積極的にアップデートして、まともなメールアプリにしてください>DoCoMo

dmatsu2005 at 10:56コメント(0)トラックバック(0) 
雑談 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍