2011年10月06日

追悼:Steve Jobs

コンピュータ界の偉大な天才、Steve Jobsが亡くなった。

Steve JobsのApple II、Macintosh SE、NeXT、みんな当時は高嶺の花だったけれど、僕は運よく、それを好きなだけ触っても良い環境にいられることがあった。
Apple IIは正直、ゲームすることにしか興味はなかったけどね。StarTrekとかMysteryHouseとかやってました。大学に入ってから、改めて触ることになってそれがCommonLISPだったのは意外でしたが。
NeXTも大学のときだなぁ、こんなすごいコンピューターがあるんだなぁと感じた瞬間ですね。ちなみに、似た感じでSGIのコンピュータも触りましたが。いろいろ微妙な環境だったのを思い出します。
大学の時にはUNIXだらけでしたね。学生用のコンピュータはHPUXだったし。FreeBSD入れて仕事もしてたし、Linuxは出たばっかりで、毎月一からOS入れ直しなんてのをずっとやってました。
ちなみに、研究室のPCにWindowsNT4.0を100回以上入れなおした経験は、今でも身になっていると思う。ある意味、反復作業で身体が覚えたところがあるし。
あー、脱線しちゃったな。でも、AQUAのMac互換機を触っていたときは、自分でも買おうかと思いましたね。安かったし。このころから、やっとMacもいいなぁと思えるようになりました。

そして、年月が過ぎ、結局Windowsばかりを触りまくっておりましたが、サーバ機としてのG3,G4なんかを管理しておりまして、なかなかMacとは縁が切れず…。

iPhoneもはじめはちょっと使い物にならないなぁという認識でしたが、3GSで感動的な体験ができるようになりました。もうiPhoneは離すことのできない携帯端末です。Appleはダメなところを直して、素晴らしい体験ができる製品にする能力が最も高かったと思うのです。直近では、買うべきノートPCはMacBookAir以外の選択肢は無い、と断言してますし。
※ちなみにお金が無くて、新型MBAは買えずにいます…。

一つだけ、僕はMac標準のマウスが1ボタンなのが嫌いです。ですが、2ボタンマウスを付けると、右クリックが効くようになってから、もうMacでも特に困ることは無くなりました。日本語入力は未だにいまいちですが、ATOK買えば気にならないし。

ハードのデザインのことを素晴らしいという人は多いと思いますが、僕はOSと標準アプリの素晴らしさがMacを際立たせている一因だと信じて疑いません。今でもWindowsパソコンについて、いろいろと思うことがありますが、Macを見習った初期ソフトウェアの搭載を徹底するべきです。好きにはなれないけれど、一番、そういう意味では、SONYがマシかもしれません。富○通の搭載ソフトは最低:-p

Steve Jobs、本当にお疲れ様でした。
いい製品をありがとう。
ゆっくりお休みください。


10/7 追記

メインページで訃報を大きく取り扱っているところがすごいなと感じまして、その記録をしておく。
即決してページ反映できる、スピード感のある対応。
こういったことが、なんでも会議しないと決まらない会社と、走り続けている会社との違いなんだろうな、と思う。

apple-steve-jobs
Apple は当然といえば当然だが、もうここまでくると宗教に近いな。

Google-steve-jobs
Google は墓標のようだ。

softbank-steve-jobs
Softbankも早いよね、やっぱり。


dmatsu2005 at 16:04コメント(0)トラックバック(0) 
ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍