お仕事

2009年01月30日

塾やりませんか?

群馬県伊勢崎市で学習塾を始めたい方はいらっしゃいませんか?

唐突な書き出しですが、それ以上でもそれ以下でもありません。本当は僕が始めたいくらいだけど、今は別な仕事が忙しいので、できません。
というのも、ある学習塾が伊勢崎しのとある教室を今年の3月で閉校したいという希望があるそうでして、それを引き継ぐor新装開店しませんか、って話が舞い込んできました。引っ越し(引き払い)費用が出るのがもったいないので、居抜き物件になります。
もちろん、僕は不動産業ではないので、そこで手数料が抜けるわけではないのですが、「敷金」(保証金)+礼金分を入れてもらうのが条件だそうです。家賃は月8万円で、敷金、礼金は各1ヵ月分の模様。
その他、看板類の書き換え費用や電話回線の手配、学習塾には必須の品々が別途必要になると思いますが、おそらく初期投資50万以内には収まるんじゃないかな?と。

新たに学習塾を始めようと思っている方には、いい情報じゃないかな?と掲載してみました。詳しい情報が必要な方は弊社 グレイス企画 (027-210-7677)までご連絡ください。


dmatsu2005 at 11:22コメント(0)トラックバック(1) 

2009年01月13日

マーケティング

友人と会って食事をした。
半年ぶりに会ったので、いろいろな話題に話は弾んだが、非常に興味深かったのはマーケティングについての話題。

自分も多くの経験を積んできたつもりだったが、現在もその最先端で仕事をしている友人の多忙な毎日は、本当に尊敬に値する日々である。
このような知識が生かせる職場がある、というのは本当に有り難いことだという話もしていたのだが、今の私としては、マーケティングという仕事を、今の自分の会社に活用することも当然だし、基本的にそれをコンサルティングという形で、他社に提供していくことも目指すべき業務である。

ただ、マーケティングという言葉を毛嫌いしていたというか、コンサルという仕事が口だけ商売に感じていた自分が過去に存在していたのも事実だし、この感覚は、現時点でも、多くの経営者が同じ感覚であるのではないか、とも思う。

ただ、それは表現方法が悪いのだ。

マーケティングだとか、コンサルティングだとか、そういった横文字ではなく、もう少し分かりやすい、訴求力のある言葉で、このサービスを商品化しなければならないと考えている。

松下幸之助の商売戦術三十ヵ条に
「第十一条 無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。」
というマーケティングの基本となる言葉と、
「第十五条 良き品を売ることは善なり。良き品を広告して多く売ることはさらに善なり。」
という言葉があって、そして、
「第十六条 自分の行う販売がなければ社会は運転しないという自信を持て。そしてそれだけに大なる責任を感ぜよ。」
とある。

大きな使命感を持って、達成しなければならない、と、ここのところ自分に言い聞かせている。


dmatsu2005 at 01:21コメント(0)トラックバック(0) 

2008年11月26日

やるぞ・やらねば・やらないと・・・

友人のブログを読んでいて、ぜひコメントを書こうと思ったのですが、意外に長くなったので、ブログにエントリー。トラックバックが付いていないので残念。ぜひ、トラックバック機能を付けてください>Crazybowlerさん。

高校生の頃、どの先生が言っていたか、忘れましたが、「100点目指して勉強するから80点になる。80点目指して勉強しても60点しか取れない。」って話を聞きました。
社会人になったころ、売上予算を自分で立てるっていう状況下で先輩に聞いたことは、「売上予算っていうのは、必死で泳いで泳いで、もがき苦しんで、やっとこのくらいってところに設定すべきで、そうしないと工夫しない。」ってことでした。

実際、前の会社では前年比200%とかの予算をもらっても、努力をすればそれに追いつけるってことを体験できました。
ただ、経営に携わるようになってから、売上予算を無茶立てすると、社員のモチベーションが下がったり、予算未達が経営を狂わせることもあったりしたので、達成可能な予算というものを見極めるということが如何に大切かを知りました。予算達成への執着が、個々の工夫を生み出すということが分かる反面、「使命感」というものが無ければ、その執着そのものが生まれず、単に仕事を投げ出す、というと言い過ぎかもしれませんが、アキラメル、という感情が発生するのも分からないでもない、というところでしょうか。

やるぞ!とポジティブに自分でモチベーションを高められる人間
やらねば!とネガティブに自分でモチベーションを高められる人間
やらないと・・・、とネガティブに他人からモチベーションを高められる人間

こんな分類を考えていましたが、ちょっと考えた結果、2x2表に分けて考えてみるといいかもしれないと考えました。

モチベーション
モチベーションの発生要因


自己中心的なのがいけないわけでは無いのですが、「自分から」「ポジティブに」予算達成しようとする人間は、やはり「自己中心的」でなければいけない、と考えるようになりました。そして、プライベートで問題を抱えていたり、お金に困っていたりしていると、なかなか「自分から」「ポジティブに」はなれないんだな、と。

他人のために頑張るっていうのは、ある意味、自己犠牲をすることが気持良くて、それも自己中心的とも考えられないことはないのですが、家族の生活を守るため、っていうのは、必然的な自己防衛本能として、人間の普遍的なモチベーションになるのではないかな、とも思います。

楽しく仕事する、ってのがテーマですが、それは自分だけが楽しくなるわけではなくて、自分に関わる人たちが、みんな楽しく仕事ができる環境を作り上げていく、っていうことを、自己犠牲をそれほど感じずに達成したい、ということだと読み替えている自分に気づき始めました。

dmatsu2005 at 09:13コメント(0)トラックバック(0) 

2008年11月08日

やらなきゃいけないことを溜めすぎると

ちょっとやらなきゃいけないことを溜めすぎました。優先順位付けてる場合かよっていう勢いですが、こんな時にこそ順位付けが大切だ、とか、頭の中で葛藤しています。その葛藤が更に余計な時間を割いていたりする、非常に愚かな事態で、こうやってブログを書いている現実逃避に入ってしまったりしています。

実は優先順位は付いているのです。でも、そのとおりにやったところで、1日が24時間である限り、今日するべきことは、今日のうちには終わらないのです。明日に回せるものは、回せばいいのでしょう。でも、今週はそうやって回しすぎたので、回し切れなくなったということかもしれません。

今は気を落ち着けて、あきらめることも肝心なのかもしれません。深呼吸して考えましょう。

dmatsu2005 at 15:18コメント(0)トラックバック(0) 

2008年10月22日

POSTメソッド

ちょっと面白い記事を見つけたので、メモ代わりに残しておきます。

最近、Webの立ち上げ企画に携わることが多いので、下記のリンク先の中に書いてあることはいつも考えていますが、ソーシャルメディアという側面で、この要素を考えるべきなんだ、と明確になった気がします。Web戦略の中で、いつも切り分けできない、曖昧な状態で宙ぶらりんになっていた気がしましたが、「ユーザー視点でものを考える」というマーケティングの基本的な考え方なんだ、ということとして認識したといいますか・・・。

言い方が難しいですね。言い換えてみましょうか。

Web事業を考えるにあたって、それが事業である限り、様々な施策の採算性、すなわち費用対効果(ROI)を考えなければなりません。もちろん、広告を打った場合などの効果測定は行う訳ですけれども、立ち上げ企画フェーズでは、どういった施策が効果が高いのか、ということは手探りな状態であるわけです。
その際に、ペルソナ手法を用いて、クライアントWebサイトへの導線をどうしようか、とか考えているわけですけれども、当然にそれはマーケティングの範囲であるという話が、Web事業全体のコンセプトとごちゃごちゃになって、ユーザーメリットの強化と、クライアントのROI向上が反対とまではいきませんが、ベクトルの方向がずれてしまっていると感じたりすることがあります。
当たり前の話ですが、ユーザーメリットの強化と、クライアントのROI向上のベクトルが一致するように話を持っていかないと訳が分からない企画になってしまいます。その当たり前のことが、うやむやになっていたのかな、とちょっと反省しました。

というわけです。言い換えても、意味の分からない記事になってしまっているような気がします。もうちょっと説明の仕方を考えて、そのうち、別の言い方ができるように精進します。

それでは、元々の記事もご覧下さいませ。

Web施策を検討するときに気にするべき要素「POSTメソッド」とは?
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/10/21/4237

dmatsu2005 at 00:53コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月24日

「熱血!会計物語 〜経理課長、団達也が行く」

Webを探検していると、唐突に面白いサイトにぶつかりますが、今回は「熱血!会計物語 〜経理課長、団達也が行く」を紹介します。

「熱血!会計物語 〜経理課長、団達也が行く」http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20070627/128443/

会計っていうのは、会社ってものを運営していく上で、絶対に必要な業務であり、分野であるものの、その専門性の高さから、「独立して会社をやって行くぜ!」っていうときには、なかなかハードルが高くて困ってしまうものだというのが、開業時に誰しもが思うことではないでしょうか。
それでも、逃げるわけにはいかず、最初は税理士さんだったり、会計事務所さんにお世話になると、現金出納帳だけはつけてくださいってことと領収書・請求書だけを取っておいてくださいね、みたいな形でスタートするのかな、って思うんです。
で、1年間やってみて、決算してみると、「これだけ黒字(赤字)だったんだ」とか、「税金こんなにくるのか?!」とか「消費税高いー!」とか、まぁいろいろ出てくるわけですよね。
ただ、本来は「どのくらいお金が動いているのか」ということを、いつも把握すべきなんですよね。ある程度の規模(社員を3人くらい雇うようになって、給料の支払いが自分の給料を超えるようになってくると)になれば、「資金繰り表」は必須のツールだし、2・3年目になると、節税ってのをいろいろと教わりながら、経理の結果を見ながら財務的な戦略を考える、ってことになると、特に痛切に感じるはず。
松下幸之助の「商売戦略30ヶ条」にも、いいことが書かれていて、

第25条、常に考えよ、今日の損益を。今日の損益を明らかにしないで寝に就かぬ習慣にせよ。

って言葉があります。昭和11年に書かれた言葉ですが、真理というものは、時代を超越して不変なのだなと痛感する言葉です。

で、その経理についての小説ってなかなか無かったように思えますが、課長編は不正経理を会社の上層部がグルになってやっていた会社の話です。正義感ばかりが強い主人公が不正を暴いていくっていうストーリーではありますが、私は「全部を暴露して、リセットをかける」という手法は、ハッキリ言って誰でも出来て、本当のプロフェッショナルは「悪いところを駆逐しつつも、うまく処理して、結果的にクリーンにするし、リセットもかけたりしない」という手法をスピードをもって行うことだと思っているわけだったりして、読んでいて、自分のすることがどのようなインパクトを与えるのか、ということを考えないといけないよ、とか思ったりしていました。

もうちょっと感想を書いておくと、連載の第2話だったと思いますが、

「管理会計は経営のための会計です。経営に役立たなければ意味がありません」

という言葉は珠玉だと思います。課長編はすでに完結していて、本も出ます。Amazonの宣伝しておこう。このジャンル(会計小説)の本を読んだことが無いので、買おうと思っていますが。


そして、M&Aをする側と阻止する側の戦いを描こうとしている(たぶん)、部長編の連載が始まっています。

「熱血!会計物語 〜経理部長、団達也が行く」http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20080825/168733/

毎週水曜日更新です。興味がある方はご一読を。



dmatsu2005 at 11:35コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月18日

レーザー彫刻・加工 BROADSTAR

先日、沼田市で打合せを行った後、次のアポイントまで時間が空いたので、のぶ山さんにレーザー彫刻・加工のBROAD STARさんのオフィスに連れて行ってもらいました。

BROAD STAR 入口

BROAD STARさんにいただいた名刺には「レーザー彫刻・加工による企画・制作・販売」と彫られて(!)ありまして、すげぇなぁって感じです。

彫ってある名刺

唐突に伺って、いったい何しに来たんだ、って状況ですが、早速、レーザー加工機を見せていただきました。

Laser Atelier 匠 Frontier PCはこんなところでも使われています。


「Laser Attelier 匠」という機械。読み方が分からない情けなさでしたが、「Attelier」は「アトリエ」と読むそうです。フランス語でした。位置合わせなどが結構難しそうでしたが、縦横の合わせよりも、深さの合わせに、工夫されたところがあります。発光源のところに部品を取りつけて、深さを合わせていくと部品が落ちるという仕組みには感激してしまいました。考えてあるなぁ。
そうそう、データを送り込むPCを見ると、どこかで見たことのあるPCケースです。以前勤めていた会社のマシンが使われているのは、嬉しいですね。中身はもう交換しちゃったって言われたけど それでも長く使っていただけるのは有り難いことです。

そこで、自分のハンドルネームである「あろは」をデザインしてもらって、彫っていただきました。

デジカメケース ストラップ


いい感じでしょ?頭悪そうなところがバッチリ決まってます。

革材や木材だけでなく、金属やガラス・アクリルなどにも彫刻できるそうなので、ノベルティ制作やオリジナルグッズなどを作ることができますよね。
車に貼るエンブレムなんかも作れるので、いろいろ考えれば様々なものに応用できそうです。

会社創立記念グッズの制作や、展示会でのノベルティ制作時には、是非思い出して、ご利用くださいませ。


【おまけ】

KEY COFFEEなのぶ山さんです。

KEY COFFEEなのぶ山さん




dmatsu2005 at 15:48コメント(4)トラックバック(1) 

2008年07月16日

琉球黒麹もろみ酢

縁あって、「琉球黒麹もろみ酢」の特別キャンペーンに携わりました。
今回は通常1本の価格でもう1本手に入る、実質半額キャンペーンです。

もろみ酢2本セット


http://moromisu.sales-promotion.mobi/

ぜひ、もろみ酢は上のリンクから買ってください。

唐突にそんなことを言っても仕方が無いので、どのあたりがメリットなのか、個人的な感想を含めて説明すると
  • 美味しい。他のもろみ酢に比べて非常に飲みやすいと思います。そのまま冷やして飲んで、十分に飲めるもろみ酢です。ただ、いろいろと実験にまして、サイトの中にもちょっとだけ書いてありますけれど、ジンジャーエール割などは最高にうまい ビールで割ってもフルーツビールのような飲み口で美味しいです ただし、コーラで割ると失敗します
  • 疲れが残らない気がする。夜にもろみ酢を飲んで寝ると、翌日の目覚めが違う気がします。これは逆にもろみ酢が切れてしまっていて、徹夜モードの状態が続くと、顕著に分かります。
  • 安い。これは現在のキャンペーンの価格が特にそう感じる価格です。いつも冷蔵庫に入れておきたいもろみ酢。早めに買い占めておかないと、キャンペーンが終わってしまう・・・。
そんな感じでしょうか。是非一度、お試し下さい。酢が苦手だっていう方も、これなら飲めるって言ってくれるもろみ酢です。


dmatsu2005 at 15:27コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月04日

カー用品通販の「1BOX」オープン!

24時間やっていてセルフじゃない、ってところが好きで、僕がいつもガソリンを入れているカナイ石油さんが、カー用品通販の「1BOX」を楽天に出店しました。

カー用品通販「1BOX」



アルファード欲しいよねぇ。かっこいい と思うんだよなぁ。ドレスアップするのもいいのだけど、実は、次の車はハイブリッドにしようと思っていて(でも買うのは当分先…お金が無い…)、アル ファード・ハイブリッドも考えていたのだけど、今年の3月で販売中止になってしまいました。中古車で探すかなぁ、って気持ちもあるけれど、先日、Blog にも書いたとおり、シビックハイブリッドを試乗して来て結構気に入っている自分がいます。ただ、ハイブリッド 車、100万円位高いんだよなぁ…。

ま、脱線はさておき、「1BOX」の紹介をすると、ハイエースアルファードエルグランドヴェルファイヤなど、ミニバン1BOXのカーパーツに特化したWebショップです。現在、ドライブレコーダーのプレゼントキャンペーン中の模 様。
先日のBBQのときに、じゅんクンが乗っていたのもハイエース。いっぱいいじってあって楽し そうなキャンピングカーになっていましたが、結構あこがれちゃいますよね。

あーまた、悩んじゃうな。セダンにし ようか・・・1BOXにしようか・・・。うーーん。


dmatsu2005 at 16:56コメント(2)トラックバック(2) 

2008年06月27日

めげない くじけない あきらめない

以前、自分に課していたキーワードが「めげない くじけない あきらめない」でした。何で、そんなことを言い始めたかといえば、今日、その言葉を使う時があったから、ふと思い出してしまいました。

国語辞典(Yahoo! 辞書; 大辞泉)で調べてみました。

「めげる」・・・気力が失われる。負ける。ひるむ。
「くじける」・・・勢いや意欲がそがれる。
「あきらめる」・・・もう希望や見込みがないと思ってやめる。断念する。

その反対ですから、

めげない」・・・気力を失わず、負けず、ひるまず、
くじけない」・・・勢いや意欲を失わず、
あきらめない」・・・希望や見込みがあると思って進め、断念しない。

ということでしょうか。

微妙なニュアンスで、違いが見出すのが難しいですけれども、自分の中では、

めげない
様々なトラブルや事件、降ってわいた災難のようなことが起こることがありますが、その都度、一喜一憂するようなことはやめて、どんと構えていないといけない

くじけない
上記の「めげない」の説明のようなことが起こることが継続しているときに、その場・その時で発生するよりも、後から一気に感情が侵されるような場合に、心を強く持たなければならない

あきらめない
自分の夢や目標が叶わないと思うのではなく、常にポジティブに考えて、必ず夢は叶い、目標は達成する、と考える、さらに言えば、「夢は叶わせる」ために見て、「目標は達成させる」ために置いている、というような強い気持ちを持たなければならない

というような戒めをもって、日々生きていく、という内容であると認識しています。

先日、沼田青年会議所様の講演会に出席させていただく機会をいただきまして、喜田寛先生の「話す力で夢は叶う」を拝聴させていただきました。スピーチトレーニングの一環だったようですが、僕としては日々の生き方に関わる啓発的な講演だったとの感想をもっております。

「感謝の気持ちを忘れない」
「初心を忘れない」
「仲良くなるために、相手の目を見て、挨拶する」

とっても当たり前のことですが、改めて反省することしきり。天狗になりかけている自分を戒めていただく、とてもいい機会になりました。誘っていただいて本当にありがとうございます。>のぶ山さん
一緒に行った同僚と、しっかりと今回の講演内容を伝えて、会社の改善活動につなげていかなければならないね、という話をしながら帰り道の車の中で相談し、さっそく報告書を全員にメールさせていただいています。

話が飛んでしまったかも知れませんけれど、実はこの講演の中でも「こうなりたいと強く念い(おもい)続ければ、必ずそのとおりになる」といった話に触れられていました。

あきらめない」というキーワードにもつながるのですが、実は講演を聞いていた時にはつながらず、今日、「めげない くじけない あきらめない」という話をしているときに、脳内のシナプスがバチバチッとつながる感じがしました。

そんなわけで、改めて自分のキーワードとして、この「めげない くじけない あきらめない」を設定して、仕事に臨んでいこうと思います。



dmatsu2005 at 20:44コメント(1)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール

アロハ

痩せないと死ぬよっていう宣告を受けてしまったので、ダイエットに目覚めたプログラマー(約95kg)

広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オススメの書籍