面白リンク

2011年05月19日

半額群馬がオープンしたわけで。

5/16に半額群馬がオープンしました。
http://hangakutokyo.jp/gunma/

集合写真
堀江さんを近くで見たのは3回目くらいです。

この集合写真撮影の1時間前くらいのこと。
私は、そこで、記者会見場の設営などを行ったりしました。
設営中

プロジェクターとスクリーンの位置関係が難しいっす。

さっそく、発売されたQUOカードやレストラン・旅館のチケットは完売ということで、幸先良いスタートが切れて良かったです。まだまだ群馬だと、こういうインターネットメディアが浸透していないので、もしかすると、みんな、こういう販促なんかに飢えているのかもしれませんね。

グルーポンとかポンパレも群馬版のチケットがあるんじゃないの?って思うかもしれませんけど、ネーミングに「群馬」って入っているだけで、ローカル度が上がって、身近に感じるのかもしれません。ホント、ネーミングって重要だと思う。










dmatsu2005 at 13:08コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月28日

ランプの魔人

昨日見つけた「ランプの魔人」、こいつはスゲーよ。

ランプの魔人があなたの心を見通します。
http://jp.akinator.com/


ランプの魔人があなたの心を見通します

まず、有名人を思い浮かべます。ある程度、その人の事を知っている方がいいですね。そして、おもむろに左の「プレイ」ボタンを押す!

あとは質問に答えていくだけ。

そうすると、ランプの魔人が、思い浮かべた有名人を当ててくれるんです!

芸能人や著名人、歴史上の人物、アニメのキャラクターなど、結構豊富な情報を持っている様子。一応、5人試したけれど、全員正解でした。すごい。
(試した人:堀江貴文、ケンシロウ、ラム、海原雄山、オリヴィエ・ミラ・アームストロング)

試しに遊んでみてね。

dmatsu2005 at 10:16コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月05日

月球儀を作ってみたよ

Twitterで星図の話が出たので、ふと国立天文台のサイトを観に行ってみたら、「お楽しみダウンロード」がありまして、「月球儀」なるものを見つけてしまい、そして作ってしまいました…。ただのコピー用紙に印刷したので、「折り」とか「のりづけ」が甘いのですが。

月球儀

工作って楽しいですよね。夢中になってしまいました。地球儀もあるので、暇な時に作ってみたいなぁ。我が家には、というか、僕のPCの横には地球儀があったりするのですけどね。

地球儀

もう7、8年前になると思うけれど、横浜中華街で衝動買いした色の付いた石が国別に貼られている地球儀です。いまでもお気に入りの一品です。

それから、そのときのTwitter会話のメモ
  • o0_0v:温まったところで、再び星図とラジオを持って出撃です。
  • dmatsu:あれ?昨日じゃないの?流星群。 RT @o0_0v: 温まったところで、再び星図とラジオを持って出撃です。
  • o0_0v:@dmatsu もう完全に雲でダメですな。@群馬県
  • o0_0v:@dmatsu 天文少年は5日間は星図書くのが風習なのですよ(笑)
  • dmatsu:星図を書くなんて…、一度もやったことが無いです RT @o0_0v: @dmatsu 天文少年は5日間は星図書くのが風習なのですよ(笑)
  • o0_0v:輻射点に近いエリアをコピーして、軌跡と時間を書くんですよ。星図を書くのではなく、星図に書くが正しいですね。
  • dmatsu:なるほどねー。ちなみに「輻射点」が分からないのでwikiで調べました^^; RT @o0_0v: 輻射点に近いエリアをコピーして、軌跡と時間を書くんですよ。星図を書くのではなく、星図に書くが正しいですね。
  • o0_0v:群馬の素晴らしいところは星空がきれいなところ。東京の光はありますが、大気が奇麗なので影響を受けにくいのです。シーイングが良いと言います。悪いところは流星群の報告をしても信じてもらえないところです。それほどにシーイングが良いのです。長野より良いかもしれません。
中学生のころ、天体観察も好きでよく星を見ていたのだけど、最近はあまり星を見ていないなぁ。僕の憧れの趣味は、星の写真を撮ることなので、早く実現したいです。やっとデジタル一眼レフが買えたくらいなので、そこにたどり着くには、まだまだ時間がかかりそうです。

dmatsu2005 at 01:16 

2009年12月05日

なぞなぞ

どうして見つけたのか覚えてないけれど、なぞなぞを見つけました。

Yahoo!きっずクイズ
http://contents.kids.yahoo.co.jp/quiz/

投稿型のサイトだけど、ちょっとだけ引用させてもらいましょう。
  • 服についている花は?(考えた人:ミッキー 10さい)
  • おじいちゃんとクリームを足すと、どうなる?(考えた人:ガリガリ君 10さい)
  • 王様がぜったいに「イヤ!」と言わないことはなに?(考えた人:さんかく 11さい)
  • とこやさんがオナラをしたよ。さて、何回した?(考えた人:まるちゃん 8さい)
答えは、上記サイトでご確認ください。(日が変わると見れなくなるかもしれませんが)

心がなごみます。

dmatsu2005 at 09:58コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月20日

広告手法の制限がはじまるらしい

あくまでも「アメリカ」で12月1日から規制が始まるようだが、日本が追従するのか、それが気になるニュースを見つけた。

「個人の感想であり、商品の効能を確約するものではありません」は、法律で禁止されます〜FTC規約改訂の衝撃
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20091016/207275/

今回の規約改正の最大の目玉は、煎じ詰めればどういうことなのか。
「個人の感想であり、商品の効能を確約するものではありません」という断り書きを入れさえすれば、「推奨広告」における多少オーバーな表現も免責されるという「避難所(safe harbor)」は、「除去(eliminate)」されるべき、と明確に断定している点です。

たしかに明確な断定です。

「ガンに効く」とか「確実に痩せる!」とか、まぁ誰が見ても怪しい表現ってのは、もうあらかた駆逐されてしまいましたが、今でも対面販売ではこういう表現が使われているわけで、逆に際立って聞こえてしまうようになっている気もしますけれどね。

例)「今は法律の関係でガンに効くとかって書けないのだけど、実際、この薬を飲んでいる人で、ガンが治ったっていう人はいっぱいいるんですよ」

この話は日本でどうだ、っていう話ではないですが、そういえば、2009年12月1日施行の特定商取引法の改正には、みなさん、対応していますか? インターネットで商売している方は、影響が出る場合があると思いますので、改めて再確認しないといけないですね。

「特定商取引に関する法律及び割賦販売法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」について|経済産業省
http://www.meti.go.jp/press/20090616001/20090616001.html

(4)通信販売の規制の強化
1.返品の特約を広告に表示していない場合は、8日間、送料消費者負担での返品(契約の解除)を可能にします。(特定商取引法改正)
2.消費者があらかじめ承諾・請求しない限り、電子メール広告の送信を禁止します。(特定商取引法改正)(注2)


dmatsu2005 at 11:54コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月02日

ジャパネットを引き合いに使った値引き方法を2chで知る

久しぶりに2chを読んでいて、僕のツボに嵌ったのがあったので晒しておく。

ヤマダ電機の従業員集まれ!3人目 | 2ch 家電等量販店板
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/hcenter/1251367117/277

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 22:05:14 ID:nime3kR6
今日、仕事帰りに寄った某家電量販店でのこと。

液晶テレビのコーナーで品定めしてたら、後ろのほうで40代くらいの
オバチャンが店員と話してるのが聞こえたんだが、どうやら分割の金利と手数料
について店員に質問してる様子。
店員が一通り説明したあとにオバチャン、

オ「あら、意外と高いのね・・・」
店「申し訳ありません。その分、商品のお値段の方で勉強させて頂いてますんで・・・」
とかなんとか。
オ「ま、いいわ。じゃあ、ジャパネットに連絡してちょうだい。」
店「え・・・?」
オレ「は?」←少し離れた場所で
オ「あら、知らないの?金利手数料はジャパネットが払ってくれるのよ。」
店「(; ゚Д゚)え・・・」
オレ&周囲の客数名「( ゚Д゚)はぁ?」
よくとおるソプラノヴォイスで何言ってやがんだ、このヒトは?なにをどうしたらそんな勘違いができるんだ?

その後「んなワケねぇだろ」的な事を親切丁寧に辛抱強く、時にファビョるオバチャンをなだめながら説明する
店員さん。アンタ最高に輝いてたぜ!!

オレは込み上げる笑いを堪える事に限界を感じ、店を出たから結果がどうなったかは知らない。

いやー、ジャパネットの新しい使い方だなぁ。どうやって説明したんだろうか。どこでおばちゃんは納得してくれたんだろうか。それが知りたいなぁ。

【妄想する、その後の押し問答】
店員「ジャパネットでTVを買わないと金利手数料はジャパネットが負担してくれませんよ」
客「だってテレビでそういっていたのよ?!」
店員「確かにそういっているかもしれませんが、当店はジャパネットではありませんので・・・」
客「そんなこと分かってるわよ!でもこのTVを買えばジャパネットが負担するって言ってたんだから、電話してよ」
店員「それでは、当店でお買い上げになるのではなくジャパネットでお買い上げになるということですか?」
客「違うわよ、あったま悪いわね。他の店員連れてきてよ、TVはここで分割払いで買うのよ、それで金利手数料をジャパネットが負担してくれるっていってるんだから、連絡してって言ってるんじゃない。」
店員「ですから、ジャパネットでTVを買わないと金利手数料はジャパネットが負担してくれないんですよ」
客「はぁ?じゃあ、あなたのところでTVを買うって言ってるんじゃない。ジャパネットで買うんじゃないのよ。」
店員「ですから、私どもからTVを買うとなりますと、金利手数料はご負担いただくことになるのですが。」
客「だからジャパネットに電話して、金利手数料を負担してもらってよ、って言っているんじゃない。」
店員「いや、それはできかねる、と申しますか、無理というものかと。」
客「無理かどうかは電話してから言ってよ。いいから、他の店員に変わってよ。」
店員「いえ、他の店員でもそれはちょっと…。」
客「なら店長さん出しなさいよ、店長さん。」
店員「いえ、そうではなくて、お客様・・・。」
客「あんたじゃ話にならないって言ってるのよ。店長さん出しなさいよ、店長さん!」

もう、妄想は止めよう…。

結局、ここまで書いてみてわかったけど、よくわからないふりをしてごねまくる、値引き方法だな。それで、金利手数料分値引きしろってごねまくって、店側が折れるかどうか…。店はボーナス時一括払いの金利手数料負担なし、の方にごまかして誘導できれば勝ち。

dmatsu2005 at 16:39コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月09日

Twitterでアンパンマンの新たな解釈について議論が深まっていたようですね

アンパンマンの唄がとても深いとおっしゃった方がいらっしゃるけれど、ここまでアンパンマンが考察されていたとは…。

レジデント初期研修用資料|神話としてのアンパンマン
http://medt00lz.s59.xrea.com/wp/archives/503
似たようなお話が延々とループするアンパンマン世界を継続させているのは、 バイキンマンの哀しい優しさであって、バイキンマンは、 かつて同胞だったアンパンマンを焼いた人類を呪いながら、 頭を焼かれ、神としての存在を失った同胞の「夢」を守るために、 アンパンマンと戦い、負け続ける。
脳を焼かれて思考する力を失っているあんパンは、終わることのない日常をいぶかしむことなく、 今日も呼ばれては、笑顔でバイキンマンをやっつける。たとえそれが欺瞞であったとしても、 正義の味方のそれは夢だったから、物語は均衡状態を保ったまま、終わらない日常が続く。
ここまでの妄想がそれとなく納得できるのは、初期設定に次の状況を加えたからだ。
物語の序盤に、 「アンパンマンとバイキンマンは元は同類の存在であったが、片方はイースト菌で食用に、もう片方は雑菌が繁殖し出来損ないとして廃棄された」なんて設定を持ち込むと、 印象がずいぶん変わる。
どうやらこれらはTwitterで語られていたコメントの集約のようだ。ぜひ、リアルタイムで参加したかった。残念。ブログもさることながら、Twitterでの発言もちょっと減ってしまっている>自分。もうちょっと効率よく、Twitterのニュースを拾えるといいなぁ、と思ったりする。炎上ウォッチャー in Twitterのようなサービス、どこかにありませんか。

自分で作れっていう話かしら。


dmatsu2005 at 00:46 

2009年09月07日

そういえば昔、夜な夜な50号を行ったり来たりしていたなぁ

懐かしい思い出ばなし。

今日、切込隊長のブログを読んでいたら、こんな記事が書かれていた。

切込隊長BLOG:「ホモ定食」とな
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2009/09/post-a170.html

八重洲を日本橋方面に歩いていたら、赤く目立つノボリで「ホモ定食」とか書いてあった。よく見たら、単なるホルモン定食が翻って上半分がめくれていただけだった。
この記事を読んで(もっとも、本題は政治のことなんだけどね)、群馬で国道50号線を車を運転したことのある人だったら、赤堀のラブホテル「ホテルレモン」のことを知らない人は少ないはず。それを思い出した。

ホテルレモンのホームページから引用した写真がコレ↓

hotellemon

事情を知らない人が多いでしょうから、説明しますと、この写真の左側のネオン塔には「ホテル」「レモン」とネオンサインが施されているのですが、しょっちゅう、切れているのです。

昔の笑い話に「パチンコ屋」の「パ」の字のサインが切れている話がありますが、このホテルレモンのネオンサインもしょっちゅう切れている。
よく、「ホ」と「モン」だけになっていることがありましたが、僕は1回だけ、「ホ・ル」「・モン」になっているのを見たことがあります。
それ以降、一度も、この組合せ(「テ」と「レ」)が切れているのを見たことはありませんが、貴重な体験だったなぁ、と思い出してしまいました。

当時はデジカメとか持ち歩いてないし、携帯電話にカメラも付いてなかったんだよなぁって書いて10年以上前の話だと言うことに気がつく。今の僕は、デジカメ機能のあるアイテムを5種類くらい(デジカメ1、携帯2、ノートPC1、Android1)持ち歩いていたりしているので、時代の移り変わりを感じたりしてます。

dmatsu2005 at 23:22コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月04日

医療改革

久しぶりに痺れた。

藤沢さんの「金融日記」には、いつも新しい視点を見せてもらっているけれど、今回の「医療制度改革」についてはコメントしようと思った。

金融日記:日本の医療こそ市場原理でうまくいく
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51564040.html
東大の医学部や京大の医学部に入学した人たちは今どうなったのだろうか?
みんな6年間かけて医学部を卒業して、研修医として数年間、薄給で死ぬほどこき使われ、現在は年収1500万円程度のごくごく平凡な勤務医になっているのである。

彼らの仕事は毎日がこんな感じだ。

「先生、最近、熱がでてだるいんです。風邪をひいたみたいです」
「そうですか、ちょっと口の中、見せてください。うん、風邪ですね。お薬出しておきます」

「先生、この前ちょっと転んだ時に足首をひねってしまってねん挫したみたいです」
「ちょっとみせてください。ねん挫ですね。湿布とお薬出しておきます」

「先生、最近、鼻水が出て、どうやら花粉症みたいなんです」
花粉症ですね。お薬出しておきます」

そうなのだ。
患者が自分で病名を言って、それをお医者さんはオームのように繰り返しているだけなのだ。
そしてマニュアル通りに薬を出す。
マニュアルは製薬会社のセールスが接待しながら全部作ってくれる。
全部のお医者さんがそうではないし、また、全部の患者さんがそうでもないとも思っているが、僕も自分の持病についての診察では、症状の把握から処方して欲しい薬の銘柄まで、全部お願いして、その通りに処方してもらっている。

もちろん、お医者さん側にも言い分はあると思うんだ。似たような症状だからといって、素人の思いこみは危ない、と。専門家である医者が見抜かなければならない症状もあるんだ、と。
だけどね、そういうことを言うから、「見逃した」とかいって訴訟されちゃうんだよね。人間なんだから見逃しちゃう時もあるよ。実際、僕の持病に関して、症状は明確だしデータを取ろうと思えば、取れる。でも、毎回は取らないし、大概は、ある一定の方針で薬が処方されるだけ、ということには間違いない。

僕も、この医療サービスについて、「医者」である必要性はなく、どちらかというと、機械的に受診できるサービスがあってもいいと思うんだ。血液検査とか、ある程度の簡単なデータ取り(アンケート票のようなヒアリング)で、基本的には自動的に処方が決まる。
どうしても医者に相談したい時とか、年に1回くらいは治療方針などを相談しなければならない時とかで、医者に診てもらうのは最低限度にする。慢性的な疾患の場合と、熱が出ている・腹が痛い・血が出ている、は分けないとね。

そういう形で効率化できるところは効率化すべきだと思う。

その上で、医療費を削れって言ってるんじゃないんだ。そこで生まれた人的・金銭的な余裕を、今、人員が不足している科目や僻地医療、救急などに割り振るべきだ。どうしたって、そこには割に合わないケースがある。そこが儲かるところになれば、自動的にやりたい人が出てくるのが市場原理ってもんじゃないのか?人口が非常に少ないエリア、山間部や離島などの診察・治療に関して、割増手当が付くようにすればいい。

それから、僕は、程度の問題はあるにせよ、医療保険は一律いくら、というのを止めて、前年度にこれだけ使ったら、翌年はいくらになるよ、っていうかんじで、ランク分けした方がいいと思ってる。5段階くらいでいいと思うし、無意味に高くなる必要はないけれど、一番高いランクと一番安いランクで2倍くらいの格差を付けるようにしたらいいかと思う。

老人医療の問題はあるが、身体に特に問題が無くても薬を処方されたり、診察を受けたりするのは問題だと思う。大概の症状は一般市販薬で対応すべきだ。そのために薬剤師が薬局に配置されているんだろう。

持論の展開になってしまった。

いや、そうではなくて、本当は「医者」にも格差を付ける、という話が興味があったんだ。「医者ではない診察・処方が可能な資格者」というのを作る、という話なのかもしれないけれど、医者にレベル分けが行われて、低いレベルの医者の医療行為と高いレベルの医者の医療行為に市場原理を持ち込もうっていう話なんだと思うんだ。
そのためには日本の医療を徹底的に規制緩和しないといけない。
簡単な検査や治療、薬の処方などは医師免許を持っていない人でもどんどん出来るようにしないといけない。
それに病院経営も株式会社で出来るようにして、医師免許を持っていない経営のプロが経営できるようにするべきだ。
これほど非効率の塊の日本の医療は、規制緩和して市場原理を導入すれば、医師のような貴重な資源がはるかに効率的に必要なところに配分されるようになり、医療サービスの質が劇的に向上するだろう。
とある、この論旨には賛成するけれど、単純に「規制緩和」すると、金のない奴は医療が受けられない状況が加速化するのも知っているし、どんどん一部の医療が高額化するのも知っている(アメリカのような状況だね)。

もしかすると、高い医者が存在できるという話よりも医療にプライスキャップ制を設けて、安い医者が存在できる、という制度改革を行うと、医療現場に工夫が生まれて、それなりに健全な競争状態が起きるかもしれませんね。
これだと、医療保険制度にも問題は起きないし。


dmatsu2005 at 18:51コメント(0)トラックバック(0) 

2009年06月16日

鳩山大臣辞任についての世間認識と自分の認識のギャップ

自民党・鳩山邦夫氏が総務大臣を辞めたニュースを聞いたときに、自分が思ったことと、その後の世論にズレがあるような気がして仕方がない。

まず、僕自身の率直な気持ちをまとめよう。
  • 「かんぽの宿」を売っぱらうのを無理矢理止めたけれど、その後、経営改善したとか聞かないし、どうせできないだろうし、この後、どうするのだろうか?
  • いろいろな発言が軽い大臣だったけど、頭とってもいいっていう話なんだよなぁ。学校の成績がいいのと頭がいいのは、基準が違う代表的な例だよなぁ。
  • TVも面白い人がやめてからかうことができなくなったから、ネタになるひとを改めて探さないとなぁ。リップサービスが過ぎる人という認識で良かったのかなぁ。
だから、「辞めて良かった」と思ったのです。小泉首相のときに「劇場型政治」とか言われていましたが、それを今でも引っ張っていた「おかしなおじさん」がついに辞めたんだなぁ、と。

なんか、麻生首相が決断力がない、とか言われているのですが、よっぽど、彼を最後までかばっていて、かわいそうな気持ちです。鳩山大臣から民衆迎合型の発言をうまくとりだしていたのはマスコミだと思うんですよね。どっちかというと、特に事前に検討していない発言を、おもしろおかしく取り上げて、世間はみんな鳩山大臣の味方ですよ、みたいな感じにもり立てているような…。

「かんぽの宿」の売却問題について、できるかぎり分かりやすくまとめようと思ったのだけど、貞子ちゃんのサイトにまかせます。

貞子ちゃんの連れ連れ日記 〜資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪〜
「祝!鳩山邦夫氏辞任&鳩山邸写真公開&郵政から流れる特殊法人への無駄金の現実。」
http://angel.ap.teacup.com/newsadakoblog/1342.html

まぁ、僕の意見で言えば、赤字続きの「かんぽの宿」に対して、「経営改善」「現状のまま売却」「潰してから売却」しかないと思うのです。で、「経営改善」が期待できるのか?というと、それは難しいという判断なんでしょ? これは世間も同じなんですよね?

だったら、「現状のまま売却」か「潰してから売却」しかないんですよね。

リストラするのが嫌ならば、「現状のまま売却」ですよね。で、買った人にリストラしてもらう。元々は、解雇禁止条項が付いていたようなので、いろいろと工夫しないと黒字化はできなかったでしょうね。
で、このまま、赤字が続けば、自然に「潰してから売却」になりますよね。それを選んだ、という風な認識でいいのですかね?

「かんぽの宿」が誰の持ち物なのか、ってことも重要なのでしょうが、そこで発生する赤字は誰かが埋め合わせしないといけないということ。それが税金原資なのか、民間会社になった日本郵政の原資なのか、ってことで。

税金原資で、ムダ金投入しているのだったら、即刻潰せばよい。
日本郵政の原資で赤字に補填しているのだったら、株主である日本国政府は、業績を悪くする原因なので、その事業を止めさせるべき。

結果的に「売る」か「潰す」しかない。それもできるだけ早く。それをぐずぐずしている方が問題なのでは?ぐずぐずさせた鳩山大臣を更迭させるのは当然なんじゃないのか? 今はスピードが重要なんだし。

ねぇ、そういう僕の認識って何かおかしいの? なんで、世間は鳩山大臣を辞めさせるのはおかしい、とかいうの? マスコミの世論誘導なの?


dmatsu2005 at 17:39コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍