VisualC#

2007年07月12日

Spacewar ゲーム

Visual C# アイコン

XNA GSEをインストールして何ができたかって言えば「すべてのプログラム」の中に「Microsoft Visual C# 2005 Express Edition」ってのができているはずなので、それを起動。


VISTAだと管理者権限が推奨されます、という画面が表示されますが、後々、けっこううざいので、「常にこのメッセージを表示する」のチェックボックスを外して「続行」します。

管理者権限で実行推奨






そうすると、[スタートページ]にたどり着くはずです。Visual C# 2005はタブでプログラムを書いたりしていきますので、その辺にも意識をもっておいてください。

Visual C# 起動画面






とりあえず、サンプルで付いているSpacewarをコンパイルしてみましょう。
[ファイル]メニューから→[新しいプロジェクト]をクリックします。

新しいプロジェクト画面







そうすると、「Visual Studioにインストールされたテンプレート」の中に「Spacewar Windows Starter Kit」と書かれたアイコンがあります。となりに「Spacewar Xbox 360 Starter Kit」と書かれたものもあるので注意。XBOXでやる場合にはこちらを使うと思われますが(まだやってないのでよく分からない)、今回は「Windows」の方を使います。OKボタンをおすとHDDがガリガリ動いて、プロジェクト(プログラムの固まりをVisual C#ではこう言います)の準備をしています。

30秒くらい経つと、「Spacewar Starter Kit」と書かれたタブが表示されます。
英語だから読むのが大変ですね。
「To Build and run the Spacewar project」と書かれたところを読むと

1. Press F5, or, on the Debug menu, click Start Debugging.
  The project will build and then run within the debugger.
(F5ボタンを押すか、[デバッグ]メニューの[デバッグ開始]をクリック。
 プロジェクトがビルドされて、デバッガー上で起動します。)

とあるので、とりあえず F5 ボタンを押す!

そうすると、ゲーム開始になるわけですが・・・、長くなるので、続きはまた明日。

Spacewar起動画面

dmatsu2005 at 07:14コメント(0)トラックバック(0) 

2007年07月11日

XNAをインストールしよう

とりあえず、XNA GSEをインストールしてみましょう。

今回インストールに使ったのはFrontier GBシリーズ
ハイエンドのミドルタワーでちょっと大きいのだけども、
CPUやメモリ、VGAカードがある程度性能良くないと厳しいようなんだよね。

XBOXのグラフィック性能は高いので、ある程度、VGAの力が無いと
ゲーム開発は難しいと思われます。

【インストールする場合のPCスペックメモ】
CPU: Core 2 Duo以上にしましょう。
メモリ: 1GB無いと厳しいし、2GB積まないとストレスが溜まります。
HDD: MSDNを使いたくなると思われるので、最低4.7GBと
システムドライブに1.5GB以上の空きが必要。ま、250GB以上の
HDDを載せて使いましょう。
OS: Windows XP SP2以降か、Windows VISTA。僕は VISTA にします。
VGA: DirectX 9.0c、Shader Model 1.1 (2.0以上推奨)のグラフィックカード
そんなこと言われても…、ってなると思いますけれど、
今なら、nVidia の GeForce 8600GT以降がいいでしょう。
7600GSでも動きます。

さて、インストールするものは何か、ってことですが、
・Visual C# 2005 Express Edition
・Visual C# 2005 Express Edition Service Pack 1
VISTAのときだけ→ Visual Studio 2005 Service Pack 1 Update for Windows VISTA
・XNA Game Studio Express
の4つ(XPだったら3つ)です。

XNAのWebサイトに行って、最新情報を確認してみてください。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/xna/XNA_start.aspx

スクリーンショットの右上の矢印のボタン「XNAを始めよう!」から
入れば、インストール手順やダウンロード先のリンクがあるので、
そこからダウンロードしてインストールしましょう。

XNA_デベロッパーセンター WEB


dmatsu2005 at 07:00コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍