セブンイレブン

2009年02月10日

セブンイレブンのおにぎり「帆立」

セブンイレブンに寄ってみたら、ちょっと贅沢おむすびシリーズに、「帆立」が新発売で入っていました。そんなわけで、早速購入。

セブンイレブン・ちょっと贅沢おむすび「帆立」

おむすび・おにぎり、なんか表現がゴチャゴチャになってしまいそうですが、価格表示のところには「おにぎり」と書いてあっても、シリーズ名には「おむすび」みたいな。いや、どうでもいいんですが、このおにぎり(おむすび)、185円もして結構高めの設定です。

セブンイレブン・ちょっと贅沢おむすび「帆立」

結構大きめのホタテが入っていますよね。ちょっと贅沢シリーズは、紅鮭とかもはみ出し系のおにぎりで、なんとなく贅沢感をそそります。

味の方ですが、これは温めて食べないと、帆立にしみこんだ味が出てこないかもしれません。ですから、温め必須のおにぎりです。ご飯も炊き込みの味ですね。材料を観ると、焼帆立も入っているみたいなのですがそれは僕にはよく分からなかった。もしかすると、ご飯に混ぜてあるのかな?

紅鮭なんかは、よく食べるのですが、こっちはたまに食べればいいおにぎりかも。
おいしいんですけどね。

ちなみに僕の大好きなセブンイレブンおにぎりランキングでは、

1位 照り焼きソーセージ
2位 ごま鮭
3位 赤飯

となっております。これらは、本当にヘビーローテーションで食べてる。
群馬限定だと(たぶん思う)、「嬬恋高原キャベツとソースかつ」というおにぎりが、最近のヒット作だと思いますが、これら4つは外せない感じですね。



dmatsu2005 at 10:36コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月07日

セブンイレブンの巻物について

セブンイレブンが無いと食生活がままならない私ですが、ここのところ巻物の包装というか、剥がし方というべきか、それが変わりました。

巻物1−1巻物1−2


まず、,暴召辰董筒状の側面を切り取ります。これは、以前の細い部分を切り取るよりも大きくなって便利です。

巻物2−1巻物2−2


次に△暴召辰董△瓩ります。僕はここのところは消費期限などが書いてあるシールをまた剥がさなければならないところが気に入りません。
,杷蹐杏分をずらしてくれればいいのに、と思っています。

巻物3−1巻物3−2


そして今回の良くないポイントであると思うところは、このの「引くと取れます」の部分。今回の写真ではうまくいっていますが、過去にすでに2回、引いたら海苔も一緒についてきて海苔が半分になってしまいました。
以前は、ここから、フィルムだけをめくるという方法だったのですが、あれもあれで、適当に引っ張ると、やっぱり海苔が切れてしまうという事故が起きてしまうのですが、まだ、破けるくらいですむので、今回のように、バリっと半分になってしまうほどの事故は起きません。
更に新しい包装へのステップアップを望みます。

ちなみに、今回はうまくいったので、

巻物完成


このように完成しました。「めかぶ納豆」はイチオシの巻物です。

ところで、すでに1年以上経っていますが、ついでにこれも。

ダメテープ


お弁当に使われている、このテープは嫌いです。サイテーッて感じ。
どこからでも切れるよっていうテープなのだと思うのですが、たいがい切ろうとすると、縦に裂けてしまうのですよね。横だけに切れればいいのですが、縦方向に切れてしまうから非常にいらついてしまう。これならば、サラダのテープというか、普通のテープの方がマシだと思うのです。

サラダのテープ


こちらのテープは切れませんけれど、剥がすのが面倒かもしれませんが、イライラ感は弁当のダメテープの方が強い…。

様々な工夫がされていますけれど、あの弁当テープだけは、もう廃止にしてほしいと願うばかりです。




dmatsu2005 at 07:25コメント(1)トラックバック(1) 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍