2007年08月28日

皆既月食

今日は皆既月食が見られる日だったのですが、残念ながら僕のいる山口では雨が降ったりやんだりの天候で、曇り空で月が見えません。全国的にも曇り空だったようで、見える地域の方はラッキーだったという一日のようです。

星を見るってのは、結構好きな方で、僕が小さかった頃は76年に一度、地球に接近するハレー彗星ってのが一番の見ものでして、天体望遠鏡とか買ったりする人も多かったですね。
最近の天体望遠鏡は、星座を指定すると、自動的にその星座の方に見られる、とかいう機能が付いているようでして、すごいなぁ、なんて思ってしまいますが。

一番、自分の中で衝撃的だったのは、彗星群がやってきていた日に、何の因果かわかりませんが、午前4時ごろに客先に伺うという仕事がありまして、車で走っていくと、空がいきなりバシッと明るくなっては、また暗くなり、しばらくすると、また明るくなって、暗くなり、という状態でした。彗星群の流れ星ってやつですか、すごい明るくなるんだなぁというのが、非常に印象的でした。
雷が落ちた時くらいの明るさになりましたからね。

一眼レフのカメラが欲しいなぁと思っているのも、実は星空を撮りたいからだったりするのですが、なかなかグッとくるカメラに出会えていないので、もうちょっと待つことにします。



dmatsu2005 at 21:05コメント(0)トラックバック(1) 
livedoor プロフィール

アロハ

痩せないと死ぬよっていう宣告を受けてしまったので、ダイエットに目覚めたプログラマー(約95kg)

広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オススメの書籍