登利平

2009年07月23日

「上州の味 鳥めし」/セブンイレブン

昨日のことですが、セブンイレブンにて新発売のお弁当「上州の味 鳥めし」を見つけてしまいました。

上州の味 鳥めし
上州の味 鳥めし・698kcal・550円

群馬で育った方ならば、これを見て、「登利平」の「鳥めし松弁当」じゃね?って思うのでは。私は少なくとも、そう思いました。ただ、まさか「登利平」のわけがないので、裏を見ると、

製造工場

製造者は「ツナマヨ」おにぎり開発で知られる「(株)武蔵野」さんですね。
小山昇社長の(株)武蔵野とは違うのでご注意を。

表面の左についている商品説明シールを見てみましょう。

左上の商品説明シール

なるほど、あの鳥の味は、いったん酒粕に漬けこんだ後に煮上げたんだ、ということがわかります。今度、試してみようっと。

早速食べてみましょう。

蓋を開ける

うん、似てるけど、違う! でも、まぁ、普通にうまいかも。

むね肉の部分は、結構似ています。ただ、モモ肉のところは炭火焼なんだけれども、ちょっと焦げくさい。焼きすぎかな?って気がします。でも、全体的にはよく似てる。

登利平の「鳥めし松弁当」は780円なので、550円のセブンイレブン「上州の味 鳥めし」弁当のコストパフォーマンスは高い気がします。

ただ、「鳥めし」って「上州の味」なの?ホント?

登利平のホームページを引用すると、
上州で愛され育まれ40有余年・・・。様々な時代を経て創られてきた登利平の奥深い味わいは、今や上州名物といわれるまでになりました。 なかでも昭和47年に弁当の分野で群馬県優良物産品の推奨を頂いた、「上州御用鳥めし」は自他共に認める「上州の味」に成長しました。
とありますから、登利平が言うのは別に販売戦略上かまわないのですけどね。セブンイレブンが言うのはおかしくね?って気がしませんか?なんか、今一つ納得いかない。


dmatsu2005 at 13:19コメント(2)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数

オススメの書籍