皮膚科

2008年01月07日

巻き爪のその後

私の以前のBlogを読んでいた方は知っているかもしれませんが、私はひどい巻き爪でして、先日、ニッパ型の爪切り器を買いました、とかいう話を書きました。
で、その後、爪切りもしていたんですが、伸ばした方がいいんじゃないか、というお話も聞きまして、あまりに痛いときに爪の横だけを切るように、縦方向に伸ばしておりました。
しかし、それも限界到達。いい加減、どうにもならないくらいに痛くなってしまいました。いつも朝痛むのですが(理由は知らない)、今日は痛みで目が覚めました。朝5時くらいに。

そんなわけで皮膚科に行ってきました。以前は、いつもかかっている病院で、たまたま木曜日に行ったら、その日だけ外来を受け付けているとかで、診ていただいたんですが、偶然の産物では仕方が無いので、Webで評判の良い皮膚科を検索すると前橋皮膚科医院がHit。朝一番で乗りつけました。

結局のところ、

  • 巻き爪はいろいろな方法を使う先生がいるけれど、手術しか根治は無理。
  • ただ、手術ってのは食い込んで化膿してしまうような人が対象で、そうじゃない私みたいな患者は痛いのを我慢して切る方がベター。
  • 角を丸く切るってのがコツだけど、なかなか自分じゃできないよね。
  • 水虫にもかかっていて、特に角質を食べるタイプだから、爪も食べちゃう。そうすると爪が薄くなるから曲がりやすくなる。

というようなお話でした。で、爪を切ってもらいましたが、皮膚科ではありえないような「痛い!」と叫んでしまいました。皮膚科で叫ぶ人はあんまりいないよな、きっと。

それでも、爪をうまく切ってもらいましたから、痛みなく歩けるようになりました。幸せです。これで明日の朝は痛くて目を覚ますということはないはず。



dmatsu2005 at 21:46コメント(4)トラックバック(1) 
livedoor プロフィール

アロハ

痩せないと死ぬよっていう宣告を受けてしまったので、ダイエットに目覚めたプログラマー(約95kg)

広告

レンタルサーバーなら使えるねっと


Google AdSense
Google検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

オススメの書籍